環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?


スポンサードリンク

環境問題は、今や地球規模の高まりを見せる中、自動車産業をはじめとして企業を取り巻く石油の現状は厳しさを増すばかり。
そのような中で注目が代替燃料。各国で代替燃料・バイオ燃料の開発がしのぎを削っています。バイオ燃料の現状と燃費向上・省エネグッズの今を・・・・






スポンサードリンク

再生可能エネルギーはこれからの成長産業ですが、二酸化炭素(CO2)も放射能も出さないクリーンなエネルギーに期待が・・・!?

地球温暖化対策が焦点となり、エネルギー問題への関心が高まっているが、米国や欧州・中国などがグリーン・ニューディール政策に力を入れている。
れからの成長産業ですが、二酸化炭素(CO2)も放射能も出さないクリーンな再生エネルギーはこれからの背長産業として期待が・・・!?
↓↓

再生可能エネルギーの普及は、日本経済にプラスか?日本には蓄積した技術力があるし、将来への研究開発も続けている。
太陽光発電が普及するためには、安くて、太陽光を電力に買える効率が高い太陽電池が必要。
日本政府は20年までに、現在1兆円規模の再生可能エネルギー関連の国内市場を10兆円に広げる計画。
新たな雇用が生まれ、市場は世界につながっている。政府と国民が本気になって再生エネルギーの導入に取り組めば、世界に誇れる新しい産業に成長するチャンスでもある。

↓↓

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 再生可能エネルギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。