環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?


スポンサードリンク

環境問題は、今や地球規模の高まりを見せる中、自動車産業をはじめとして企業を取り巻く石油の現状は厳しさを増すばかり。
そのような中で注目が代替燃料。各国で代替燃料・バイオ燃料の開発がしのぎを削っています。バイオ燃料の現状と燃費向上・省エネグッズの今を・・・・






スポンサードリンク

省エネの翼!全日空に最新鋭機「787」就航で、燃費20%改善を・・・!?

米ボーイング社の最新鋭中型ジェット旅客器787「ドリームライナー」の1号機が3年以上遅れて、全日本空輸に引き渡された。
設計変更など「難産」の末に生まれた787は、燃費効率に優れているのが最大の特徴。

すなわち、省エネの翼!全日空に最新鋭機「787」就航で、燃費20%改善を・・・!?がうたい文句。

地球温暖化対策や原油高を背景に「世界を変える」ヒット機種になる可能性を秘めている。
受注はキャンセル分を除いても800機を超えるとのこと。
しかも、温暖化対策で航空機の二酸化炭素(CO2)排出量の削減を求める声が強まっていることも、787の販売には追い風となっている。
新技術の駆使で乗り心地も良くなり、機内の騒音も抑えたほか、乗客から不満が多かった機内の乾燥を防ぐなど快適性は大幅に向上。日系航空関係者は「787を選んで乗る客も増える」と予測する。

*最新鋭 中型旅客機
 ボーイング787「ドリームライナー」の特徴といえば・・・!?
img041.jpg

↓↓

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227897665

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。