環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?


スポンサードリンク

環境問題は、今や地球規模の高まりを見せる中、自動車産業をはじめとして企業を取り巻く石油の現状は厳しさを増すばかり。
そのような中で注目が代替燃料。各国で代替燃料・バイオ燃料の開発がしのぎを削っています。バイオ燃料の現状と燃費向上・省エネグッズの今を・・・・






スポンサードリンク

原油急落?「国内ガソリン」への影響は?・・・

車社会に生きるといっても過言ではない現代社会。
自動車が使うガソリン
などの使用量は一体どのくらいなのだろうか?・・

もちろん車だけではなく、企業が使用する燃料も莫大かと・・・

さて昨日のニュースでは、こんな記事が踊っていたが・・・
“原油急落”
米欧暖冬→売りが売り呼び!!

昨年夏には原油の高騰で嘆いていたはずだが、・・・
確か昨年夏には、・・・
1バレル=80ドル寸前まで高騰した原油先物相場が、急速に下落している。
1月12日には1時、51.60ドルと、1年8ヶ月ぶりの安値をつけたそうです。

その原因はどうも・・・
米欧で、暖冬が続き、暖灯油(灯油)需要増に伴う相場上昇を当て込んだ
投機資金が急激に原油先物市場から逃げ出しているためだと。

値崩れを防ごうと、石油輸出国機構(OPEC)は、・・・
一段の減産の検討に入ったが、効果には懐疑的な見方も多く、
下落に歯止めがかかるかどうかは不透明だと記事は述べていますが?

国内のガソリン価額を見ると、原油価額の下落を受けて、
昨年秋以降、値下がりが続いている。

石油情報センターが発表した・・・
ガソリンスタンドの小売価額調査(9日現在、消費税込み)によると、
レギュラーガソリンの全国平均価額は
1リットル当たり、133.7円と前週比で0.2円値下がりし、
昨年9月以降17週連続で下落。
90年の調査開始以来、最長となる連続下落が続いている。

ガソリンスタンド同士の競争は激しく、
末端価額の下落はしばらく続くのではないだろうかとも?・・・


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。