環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?


スポンサードリンク

環境問題は、今や地球規模の高まりを見せる中、自動車産業をはじめとして企業を取り巻く石油の現状は厳しさを増すばかり。
そのような中で注目が代替燃料。各国で代替燃料・バイオ燃料の開発がしのぎを削っています。バイオ燃料の現状と燃費向上・省エネグッズの今を・・・・






スポンサードリンク

原油急落?半年前の原油の動向は?・・・

宇宙の中に存在する数多くの惑星の一つ、『地球』
この地球という惑星に生きる人類がわれわれ人間!!
今この地球が世界規模で、地球温暖化で異変が起こってきているという。

南極の氷が溶け出し海水温度が上昇し、海の生態系にも変化が?・・・
あらゆる魚の漁獲時期や漁獲時期にも異変が・・・・
台風・地震を含め地球規模で異変が起きようとしている。

昨年夏ごろより、
原油高とともに、景気回復の懸念材料とされる円高が進行している今日!?

輸出企業にとっては円高進行への懸念が、不安が広がり始めている。

では、一体原油価額はどのような推移で進んでいるのでしょうか?

★15年ぶりの高値・・・2006年・5/1時点では全国平均でレギュラーガソリンの店頭価額は、
1g当たり135円と前週よりも4円も上昇し、15年ぶりの高値となっている。

一体今後、原油やガソリン価額は、どうなるのか!?・・・その見通しは!?

Q:ガソリンは何故一気に値上がりしたの?
A:原油価額が3月末以降、急騰したため。

Q:原油高騰はそもそも何が原因で起きたの?
A:中国やインドなど急成長中の国で、エネルギー需要が大幅に増加を続けた結果、
  産油国の供給力に余剰がなくなってしまった事が根底にある。

  さらに、主要産油国のイランの各開発問題の緊迫化やナイジェリアの紛争が加わり、
  さらに供給不安が膨らんだため。

  ↓           ↓
  このため、将来の値上がりを見込んで、原油の先物市場で投機筋が、
  大幅な買いに走っていることが、原油価額の上昇に拍車をかけている。

Q:それでも、70年代のオイルショック時と違ってパニックにならないのは何故?
A:当時は日本の1次エネルギーのうち、7割が石油だったが、その後、
  原子力や、天然ガスへの分散を進め、今では石油の比率は5割程度のためだと。

  又、省エネ技術が発達したのも大きいが、今後原油価額の高騰が長引けば、
  今回のガソリン価額のように家計に影響が出ることも懸念される。


★レギュラーガソリン価額の推移は上記の表の通りです。

05年3月28日・・・118円(1g当たり)
06年5月01日・・・135円(1g当たり)

では、2007年1月?現在・・・
ではどうのような推移をたどっているのでしょうか?・・・


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31509878

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。