環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?


スポンサードリンク

環境問題は、今や地球規模の高まりを見せる中、自動車産業をはじめとして企業を取り巻く石油の現状は厳しさを増すばかり。
そのような中で注目が代替燃料。各国で代替燃料・バイオ燃料の開発がしのぎを削っています。バイオ燃料の現状と燃費向上・省エネグッズの今を・・・・






スポンサードリンク

日本の電力事情!発送電分離及び再生可能エネルギーの問題点とは・・・・?!

2013年、日本の電力事情再生可能エネルギーについて再度検討にすべき時期ではないでしょうか・・・!
テレビ朝日「モーニングバード!」、玉川徹のニュース解説、「そもそも総研たまペディア!」でも取り上げていましたが、日本の電力事情、発送電について考えてみましょう。
↓↓
*発送電分離の問題tンとは・・・?!
選択肢蔵で競争、電気料金が下がり、送電網の整備で雇用が増える!!
すると、電気料金が下がるし、再生可能エネルギーの導入が進む。
送電網整備はコストではなく投資。2兆円の投資で約11兆円以上の効果が期待できる。
↓↓
そんな「メリット」「果実」があるのなら、ぜひやったほうがいいのでは・・・?!
しかし、問題点があるとしたら、次のような懸念が・・・?!
電力会社の影響が残れば残るほど、他社の参入のマイナスに。(電力会社の抵抗)
今年の参議院選挙の間に、今国会で法案を必ず可決することが不可欠と言える。
↓↓
発送電分離!改革前と改革後の相違は・・・?!
さらには、分離の度合いについても検討を・・・?!
CIMG9866.JPG

CIMG9868.JPG
↓↓
環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?



posted by kankyoichiban at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 再生可能エネルギー

イモ発電!が日本のエネルギー問題を解決する日も・・・?!

日本を救うエネルギー革命!? “イモ発電”を科学する。
↓↓
このような内容の記事がテレビ朝日の番組モーニングバードのなかの・・・
アカデミヨシズミのコーナーで、紹介されていました。
↓↓
芋(イモ)発電の第一人者は、近畿大学 和歌山キャンパス 生物理工学部 生物工学科の鈴木高広教授。
詳細はこちらから・・・!!
↓↓
環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 再生可能エネルギー

太陽光や風力など再生可能エネルギー特別措置法!7月から施行で普及に弾みがつくか・・・?!

再生エネルギー 普及へ弾みがつく制度に・・・?!
太陽光や風力などで発電する電力を一定期間、固定価格で電力会社が全量買い取る。
そう義務付けた再生可能エネルギー特別措置法が7月から施行される。
経済産業省の調達価格等算定委員会はきのう、その買い取り価格や期間の原案を決めた。
太陽光発電は1キロワット時当たり42円、風力発電は出力の規模に応じて23円10銭と57円75銭にした。
買い取り期間は出力10キロワット未満の太陽光(10年)や地熱(15年)を除いて20年に設定した。
詳細はこちらから・・・!

↓↓
環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?

posted by kankyoichiban at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 再生可能エネルギー

再生可能エネルギー!企業後押しを政府検討・・・!?

太陽光風力発電などの普及を支援するため、再生可能エネルギーを開発する企業を対象にした社債発行の優遇制度を、政府が検討することが明らかになったとの記事が、2012年の朝刊に掲載されました。
↓↓
発行企業が経営危機に陥った場合でも、特定の担保や保証が付いていない一般の債権よりも優先的に返済することで、投資家が安心して社債を購入できるようにするもの。

再生エネルギーの立地規制の緩和や、電力会社の送電網を利用する際の負担などとともに、政府のエネルギー・環境会議などで具体策の検討に入る見通しだ。

経済産業省などは、再生エネルギー企業の発電規模が大きくなれば、各地の電力会社に卸売りすることが増えると予想している。原発の停止などで低下している電力会社の供給力を、再生エネルギーが補う形になる。

↓↓

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 再生可能エネルギー

再生可能エネルギーはこれからの成長産業ですが、二酸化炭素(CO2)も放射能も出さないクリーンなエネルギーに期待が・・・!?

地球温暖化対策が焦点となり、エネルギー問題への関心が高まっているが、米国や欧州・中国などがグリーン・ニューディール政策に力を入れている。
れからの成長産業ですが、二酸化炭素(CO2)も放射能も出さないクリーンな再生エネルギーはこれからの背長産業として期待が・・・!?
↓↓

再生可能エネルギーの普及は、日本経済にプラスか?日本には蓄積した技術力があるし、将来への研究開発も続けている。
太陽光発電が普及するためには、安くて、太陽光を電力に買える効率が高い太陽電池が必要。
日本政府は20年までに、現在1兆円規模の再生可能エネルギー関連の国内市場を10兆円に広げる計画。
新たな雇用が生まれ、市場は世界につながっている。政府と国民が本気になって再生エネルギーの導入に取り組めば、世界に誇れる新しい産業に成長するチャンスでもある。

↓↓

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 再生可能エネルギー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。