環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?


スポンサードリンク

環境問題は、今や地球規模の高まりを見せる中、自動車産業をはじめとして企業を取り巻く石油の現状は厳しさを増すばかり。
そのような中で注目が代替燃料。各国で代替燃料・バイオ燃料の開発がしのぎを削っています。バイオ燃料の現状と燃費向上・省エネグッズの今を・・・・






スポンサードリンク

福岡モーターショー開催で次世代車の求めるものは!?・・・

先日の12月05日には、・・・テレビを拝見していると、
BMWから、次世代車の期待を込めた乗用車が発表されていましたが?・・・
水素自動車・・・水素自動車(すいそじどうしゃ)とは、水素をエネルギーとする自動車のことである。

ガソリンに代わる代替エネルギーの開発に各社がしのぎを、・・・
さてそんな今、07年最後の12月九州は福岡でも、「福岡モーターショー 2007」開催!!

「福岡モーターショー 2007」開催!!
「福岡モーターショー 2007」(正式名称=福岡自動車博覧会、
西日本新聞社など産学官で組織する実行委員会)を、
12月7日〜10日に福岡市博多区で開催します。
大手メーカーの工場が集まる北部九州は「年間生産台数150万台」を目指しており、
自動車の一大生産拠点に成長した北部九州を国内外にアピールします。

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来と車

環境・最重要課題「第40回東京モーターショー」で・・・

咲き競うクリーンカー!!第40回東京モーターショーが開催を、・・・
最重要課題は、「環境」・・・

自家用自動車が排出する温室効果ガスは、京都議定書の規準となる1990年比で38%増えており、
(05年、二酸化炭素=CO2=換算)、議定書の目標達成には自動車の省エネが不可欠となっています。

今回、千葉市美浜区の幕張メッセで十一月1日まで開かれている、
第40回東京モーターショーでも、・・・
多くのメーカーが「地球温暖化防止」に向けたクリーンカーのコンセプトモデルや、
最新技術を競って展示している。

>>国内主要5社の取り組みはどうか?・・・

■ハイブリッド車・・・
ハイブリッド車の先頭を走るのはトヨタ車(HV)でクリーンを前面に、・・・
■電気自動車・・・
HVで出遅れた日産は、よりクリーンな電気自動車「PIVO2」を出展。

071024_mshow_01.jpg

実用の一歩手前まで来ているのが三菱自動車。
世界初展示の「@ MiEV SPORT」のベースとなった「@ MiEV」を10年までに市販する予定。

cnet_tms_4-01s.jpg

■水素自動車・・・
ホンダは、水素と酸素の反応で発電した電気で走る燃料電池車「PUYO]を世界初展示。
マツダは、水素、ガソリンの療法を使える「プレマシーハイドロジェンREハイブリッド」を来年のリース販売を目標に開発中。



環境、・・・地域から地球へ、
間違いなく今地球は温暖化の恐怖にさらされていっています。

今できることからできる明日へ、・・・
敗食油からバイオディーゼル燃料(BDF)として活用する取り組みや、
ノーベル平和賞のワンカリ・マータイさんが提唱する「MOTTAINAI運動」も一歩ずつ全世界で進んでいます。



環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来と車

「東京モーターショー」開幕・コンセプトは最新環境技術!・・・

千葉市の幕張メッセで10/27日から第40回東京モーターショーが開催される。
今回の特徴は、地球温暖化問題ガソリン価額の高騰を背景に、自動車メーカー各社が最新の環境技術を競う場となっている。
需要低迷に悩む国内メーカーは、、車離れが指摘される若者をひきつけようと、スポーツカーなどでも趣向を凝らしている。
一般公開は、10/27〜11/11まで。
↑↑

今回の東京モーターショー、温暖化問題が深刻化する中、欧州では二酸化炭素(CO2 )の排出規制が強化されるなど自動車各社は環境対応を迫られている。
今回のモーターショーでは、ガソリンと電気モーターを併用するハイブリッド車や電気自動車、ディーゼル車など多彩な環境対応自動車が発表され、各社の戦略の違いが浮かび上がる。

■ハイブリッド車をリードするトヨタ自動車!・・・
プリウスを進化させた試作車「1/X]発表。

■三菱自動車は、究極のエコカーを出展!・・・
究極のエコカーである電気自動車「i-MiEV」(アイミーブ)を出展。

■ホンダはハイブリッド専用車を国内市場に投入を!・・・

■富士重工業では主力の「インプレッサ」にスポーツタイプを追加!・・・

■日産自動車は高級スポーツカーを5年ぶりに発表!・・・
「NISSAN GT-R」の新モデルを発表。スーパーカークラスでトップレベルの低燃費を実現。

0763_1.jpg

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 08:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来と車

東京モーターショー・07に、ホンダ、次世代ライトウェイトスポーツなどを出品!・・・

東京モーターショー07に、・・・ホンダ、次世代ライトウェイトスポーツなどを出品する!
ホンダは、今回の「第40回東京モーターショー 2007」に、世界初公開となるコンセプトモデル2台を含む乗用車、各種技術展示物を出展すると発表を。

乗用車ブースでは「この地球で、いつまでもモビリティを楽しむために」をテーマに、CO2低減などの環境対応とモビリティの楽しさを両立するための様々な先進の環境技術を展示する。

クリーン性能とトルクフルな走りを両立するホンダ独自のハイブリッドシステムを搭載した次世代のライトウェイトスポーツのコンセプトカー『CR-Z』を世界初公開する。

また、自由な発想でデザインした、使う人だけでなく周りの人も楽しくさせる、燃料電池車『PUYO』(プヨ)も世界初公開する。

さらに、9月のフランクフルトモーターショーで発表した高い環境性能と動力性能を実現した、次世代ディーゼルエンジン「i-DTEC」の機構モデルも展示する。

さらに、東京モーターショー直前の18日発表する新型『フィット』や、新しい可変シリンダーシステムを搭載し、年内に発売予定の新型『インスパイア』など、市販車や市販予定車、コンセプトモデルなど合計11車種18台を出展する。

また、「明日のエネルギーコーナー」では、新しいエネルギー開発の取り組みとして、稲藁(いねわら)からエタノールを製造する技術や、今年秋から発売する環境に優しい次世代型薄膜太陽電池などを紹介する 。
PN2007100901000526.-.-.CI0003.jpg

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来と車

地球温暖化・大気汚染に自動車メーカーの新たな研究・挑戦が!?・・・

地球温暖化の主な原因は、私たちの生活スタイルではないでしょうか?
快適さや便利さを追求する私たちの生活が、地球上のエネルギーを大量に消費し、「温室効果ガス」を排出しているのです。

大気中の二酸化炭素や水蒸気、メタンなどは、・・・太陽の光などは通しますが、熱を外に逃がしません。
これらを温室の壁にたとえて「温室効果ガス」と呼んでいるのです。

今地球上では、石炭、石油の大量消費と世界規模の森林破壊により、二酸化炭素などの温室効果ガスが増加して地球を覆い、温暖化が急速に進んでいます。
実は地球上で、世界の人口の約2割の先進国が、便利な生活のために、地球上の資源やエネルギーの約8割を消費しているのが現状です。

地球の気温の上昇は、異常気象をもたらし、豪雨や干ばつ、海水の膨張や南極などの氷が解けることで、・・・100年後には最大で海面が88センチも上昇すると予想されており、海面が1メートル上昇するだけで、オランダやバングラデシュ、太平洋の島にある国などの国土の大半は水没し、日本でも砂浜の9割が水没してしまうというのです。

世界の石油消費量の約半分は、自動車の燃料に使用され、大気汚染の約7割は自動車の排気ガスが原因といわれています。

そこで今や世界的に研究されているのが、自動車のエコカー
地球温暖化や大気汚染の影響で、自動車メーカーや研究所でも「エコカー(低公害車)」の研究や開発が盛んに行われています。

エコカーは、燃料の種類で、「天然ガス自動車」、「電気自動車」、「ソーラーカー」などに分けられますが、中でも最も注目されているのが、「ハイブリッドカー」です。
http://www.erca.go.jp/taiki/lpc/ek_tokucho.html
通常のガソリン車と比べても3倍も燃費が良くなっています。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?


posted by kankyoichiban at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来と車

NYタクシー!二酸化炭素削減にハイブリッドカーの導入を決定。

地球温暖化防止!環境破壊防止!今や地球規模での取り組みが始まりましたが、・・・

そんな矢先、いよいよアメリカはニューヨーク(NY)のタクシーが、
車の排出ガス規制の一環で、・・・

二酸化炭素(CO2)の排出削減政策の一環として、08年から5年間(12年まで)で、・・・
現在のタクシーをすべてハイブリッド車に切り替えるとの発表をいたしました。

ハイブリッド車の主流派、日本車!!
まずは、08年10までに1000台をハイブリッドに切り替えるとのことです。

その後20012年までには、二酸化炭素(CO2)の削減の為に、
すべてのタクシーをハイブリッド車にするとの方針を打ち出しました。

この方針により、日本のハイブリッドカーの急増な使用が期待されます。

燃費の良さと環境へ優しい車、ハイブリッド車!!

しいて言えば、価額がもう少し下がれば言うことないですが・・・

今や時代の要請で、地球環境、温暖化を避けては通れないのです。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来と車

上海モーター(自動車)ショーで各社環境保護と省エネ技術を「売りに」!環境対策を前面に開催を・・・

地球温暖化が叫ばれる中、自動車業界では今、環境対策に取り組みを!
2007年4月22日には、中国で最大の上海モーターショーが開かれます。
20日には、公式開幕を前に報道機関に先行公開もされました。
中国の自動車市場は、06年に日本を抜き世界2位に成長したが、
過剰生産と相次ぐ新車投入で価額競争が激化。

各社は売り上げ拡大の切り札として?・・・

省エネや環境対策を打ち出しています。
特に環境保護と省エネ技術の高さを「売り」にしているのが外資系メーカーです。
トヨタ自動車が高級車ブランド「レクサス」のハイブリッド車、
マツダが水素でもガソリンでも走行できる「水素ロータリーエンジン」搭載の「RX8]を展示しています。

中国市場にハイブリッド車が本格的に参入することにも・・・

方や中国系のメーカーは国策でもある、「自主開発」と低価額をアピール。
「奇端汽車」は、初の国際市場向け自主ブランド車「A1]を発表。
価額は5万3800元(約82万7000円)。

中国の自動車国内販売は06年で720万台(前年比25%増)
、今年は800万台に達する見込みだそうです。

ところがこの中国も今北京オリンピックの開幕に向けて、急ピッチでインフラ整備も行われているし、・・・
成長の一方で、交通渋滞や環境汚染など問題も深刻化しており「環境対応」は当面、競争上のカギとなりそうです。

自動車が排出する二酸化炭素(CO2)の削減は世界の共通の課題です。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来と車

車・環境に「エコドライブ」を!・・・

車社会!・・・省エネライフをはじめましょう!!

車の使用は、温室効果ガス(二酸化炭素)排出の大きな原因となっています。
環境にいい「エコドライブ」を心がけましょう。
では心がけるには・・・・

◆ふんわりアクセル「eスタート」を・・・
少し緩やかに発進すると、普通に発進するより約11%も燃費が改善。
AT車はクリープ現象を利用する。
◆加・減速の少ない運転を・・・
車間距離は余裕を持ち、交通状況に応じた安全横行。
◆早めのアクセルオフを・・・
アクセルから足を離し、エンジンブレーキを使用。
◆エアコンの使用・暖機運転は適切に・・・
車内を冷やしすぎない・暖めすぎない。現在販売されているガソリン乗用車は暖機不要(寒冷地などを除く)。
◆アイドリングストップを・・・
不必要なアイドリングをやめる。
◆道路交通情報の活用を・・・
渋滞を避ければ、燃料と時間の節約に。
◆タイヤの空気圧は、こまめにチェックを・・・
◆走行時に不要な荷物は積まないように・・・
◆駐車場所に注意を・・・
違法駐車は渋滞を招く。

エコドライブは、・・・
環境にいいだけではなく、安全運転にもつながります。
詳しくは?・・・http://www.team-6.jp/
wh-45.jpg
☆エコカーについては?・・・
http://www.tokyo-gas.co.jp/pefc/what-fc_45.html

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来と車

次世代自動車燃料の新施策の検討が?・・・

次世代自動車燃料の新施策!!の検討
自動車業界と経済産業省は・・・
1月24日甘利明経済産業省は、日本自動車工業会の張富士夫会長とや石油連盟の渡文明会長らと懇談し、ガソリン以外の燃料を使う「次世代自動車燃料」の推進に向け、新施策を検討することで合意した。・・・と!!


具体的な内容は?・・・
◎バイオ燃料、クリーンディーゼル、電気自動車用バッテリー、水素を用いた燃料電池の4分野で新戦略を作る。
主な内容は・・・
政府が策定する今年の「骨太方針」に盛り込む方針。

経済省、自動車業界、石油業界、で・・・
2030年までのエネルギー見通しなどを考慮しながら、5月までに新施策の概要を菜とめる。・・・との内容です。

いよいよ遅ればせながらも環境問題、バイオ燃料への指針が具体的に動く時代がやってきました。



環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?



posted by kankyoichiban at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来と車

10年後の「未来と車」車社会の今後は?・・・

を取り巻く環境は戦後の車が登場した時代から見ると、・・・
この60年で随分と変化してきている。
環境は年々厳しくなっており、環境や安全の問題、ライフスタイルの多様化etc・・・
本日届いたJAF Mateを開いて見ると、
http://www.jaf.or.jp/
         ちょうどこのことについて触れた部分がありました。
そこで記事に一部を抜粋して、今後「車社会」はどうなっていくのか?
ちょっと未来に想像をめぐらして見ることにしました・・・
では10年後について一人ずつ・・・↓

1:大杉正明氏・・「海外ドライブ日記」
新発売の水素エンジンと電動モーターのハイブリッド車に乗る。

2:下野康史(かばたやすし)・・・「やっぱり乗り物が面白い」
グライダーみたいな軽自動車。運転を楽しむだけの車。

3:菰田潔(こもだきよし)・・・「すぐできるエコドライブ」
運転したら、運動不足が解消できる車があったら嬉しい。
車内で、レッツ・エクササイズ!

4:館内端(たてうちただし)・・・「環境ニュース解説」
自動車は、地球温暖化と石油需給の逼迫(ひっぱく)と枯渇(こかつ)という二大問題を抱えている。
石油に代わる、CO2を排出しないエネルギーで走る自動車に切り替えないと
、自動車も人間も存在できなくなる。
↓そこで、・・・
自覚的なメーカーが次世代車の開発を始めたのです。

だが?・・・
次世代車が、ハイブリッドなのか、デイーゼルなのか、EVなのか、
燃料電池車なのか、・・・・・
あるいは?・・・
石油代替エネルギーは電力なのか、水素なのか、天然ガスなのか、
石炭なのか、バイオなのか、・・・結論は出ていないが?
いずれにしても一本化は困難で、多様な原動機と多様なエネルギーで
走ることを受け入れなければならないようになるのではと・・・

◎つまり自動車を使うわれわれにも二大問題解決の努力が求められていること。

5:長山泰久・・・「危険予知」
将来においても車の運転において必要なことは・・・
    「先を読む」ということに変わりは無いのでは?・・・
→過去も未来も、運転移「危険予知」は欠かせない。

6:西村直人・・・「二輪車あれこれ辞典」
バイクだってのんびり進化しています。
バイクはもっと安全な乗り物になる!?・・・
車では当たり前の、ABSやエアバックなどがついたモデルが登場したり、
バイクの選考開発も進んでいる。

7:松居英二・・・「車生活Q&A車の法律」
交通事故をめぐる紛争に要する時間や労力を減らすことは、
社会全体のプラスになるであろう。
→ドライブレコーダーが事故原因解明のカギ!!

ほかには、ネットワークでドライブ情報や、車が人を制御するITS関連の進歩。
10年後には、死亡事故半減、期待した飲酒運転の無い世の中に・・・!!

以上はJASの連載で活躍する、執筆者の人たちの見た10年後を記事の中より抜粋して紹介しました。

参考になりましたか?・・・
あなたが考える10年後の車社会はどんなでしょうか?・・・


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?



posted by kankyoichiban at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未来と車
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。