環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?


スポンサードリンク

環境問題は、今や地球規模の高まりを見せる中、自動車産業をはじめとして企業を取り巻く石油の現状は厳しさを増すばかり。
そのような中で注目が代替燃料。各国で代替燃料・バイオ燃料の開発がしのぎを削っています。バイオ燃料の現状と燃費向上・省エネグッズの今を・・・・






スポンサードリンク

地球温暖化の観点から、太陽光発電や風力発電といったクリーンなエネルギー発電への転換を迫られる時代へ・・・!?

東日本大震災で未曾有の大災害を経験した日本。中でも津波の被害は原発事故にも拡大・・・
今日本の原発が見直されようととしている。↓↓
地球温暖化の観点から、太陽光発電風力発電地熱発電といったクリーンなエネルギー発電への転換を迫られる時代へ・・・!?
↓↓
今後予想される大地震、今後30年以内に85%の確立で起きるであろうと予想されているのが、東海沖地震。
その渦中に位置するのが中部電力・浜岡原発。政府は安全が確保されるまでの期間、浜岡原発の停止を要請し電力側もこれの受諾を決めた。
「安全強化を着実に実地していくことが、直的には原子力発電を安全かつ安定的に継続する礎になる」と中部電力社長のコメント。
千年に1度とも言われる地震が起きたのを機会に、さまざまなシステムが見直されようとしている。
特に新エネルギーへのシフト!が今後の課題であろう。
IPCCの試算では、2050年時点で自然エネルギーは世界の77%を居給できる可能性があり、「温暖化緩和にも貢献」するとの特別報告書を発表した。・・・

↓↓

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温暖化

温暖化対策、稲の耐暑DNA特定で九州農家に光が・・・!?

2009年「丑年」がスタート。
今朝の新聞を見ているとこんなニュースが目に留まりました。
↓↓
温暖化対策、九州農家に光!
>>稲(イネ)の耐暑DNA特定・・・
↓↓ 良質米開発短縮へ・・・
地球温暖化による九州の米作りの危機が迫る中、・・・
高温に強い遺伝子を含むイネのDNAの領域を、・・・
農林水産省所管の農業生物資源研究所(茨城県つくば市)と福井県農業試験場が初めて発見したことが6日わかった。

イネの品種開発には50年以上かかり、九州の急速な温暖化に追いつくのが困難な情勢。

今回の発見は開発期間を2,3年短縮する効果が期待でき、九州の米作りを守る重要な布石になると期待されています。

↓↓
環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温暖化

太陽光発電、温暖化関連ビジネス成長5倍の試算が発表されていますが・・・?!

民間調査機関の富士経済は5月20日、太陽光発電など温暖化関連ビジネスの2015年度の市場規模が、6兆9324億円と、07年度で5,6倍に拡大するとの試算が発表された。
今年4月から京都議定書の約束期間に入り、政府や企業は省エネルギー設備の導入や新エネルギー開発を本格化しており、温暖化ビジネスは「急速な成長が期待できる有望市場」としている。
↓↓
試算では、・・・?
家庭用ヒートポンプ式給湯器や、自動車、航空機の軽量化に役立つ炭素繊維など二酸化炭素の排出を抑える分野は、4,3倍の1兆6065億円。
↓↓
太陽光発電や風力発電などの新エネ分野も5,1倍の2兆1561億円に成長。
優れた省エネ技術を持つ企業に投資する「温暖化関連ファンド」の増加や排出量取引の拡大で、サービス分野も7,3倍の3兆500億円を見込む。
上記調査は、今年1〜4月、富士経済が企業や研究機関、関係省庁にヒアリングを実地、各種統計も活用してまとめたものである。
温暖化ビジネスへの関心から目が話せません。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温暖化

燃費向上へ軽量化!自動車各社原油高、地球温暖化に対応を!?・・・

原油高地球温暖化問題に対応するために、自動車メーカーが車両の軽量化に乗り出している。
車両を軽くすれば、燃費が良くなり、ガソリン消費が抑えられる。

燃費向上はこれまで新エンジンの開発が中心で、車両は安全装備の充実などで重くなる傾向だったが、・・・
今や、軽量化が世界的な潮流になりつつある。

>>マツダは、・・・
7月に全面改良した主力小型車「デミオ」で、旧モデルより1割減の約100キロの軽量化に成功した。
燃費も2〜4%程度向上すると。デミオの場合も新型エンジンの効果もあり、燃費は約2割向上した。

>>トヨタ自動車は・・・軽量化推進の社内横断的な組織を発足させた。
すべての部品を対象に、・・・開発・設計段階から見直す方針で、
「軽量化は燃費と環境問題に必ず効き目がある」と強調!


>>日産自動車は・・・
すべてのモデルの車について、15年度時点での重量を05年度に比べて15%減らすことを目指している。

その他各社自動車メーカーも軽量化に伴い、エアバッグなどの安全装置や性能を向上させる電子部品の増加なども課題に。

●そんな一方で、・・・
ガソリン高や温暖化問題に伴い、安全や性能を充実させ、同時に軽量化も迫られている。

将来的な軽量化の切り札は?・・・
「鉄より強く、アルミニウムより軽い」炭素繊維!の使用で・・・
重量で約1/3、燃費で約2倍を目指すメーカーも・・・。

ただし現時点では、高価額がネックで、当面は部品などの改良を積み重ねることになりそうだとも。



環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 温暖化

地球温暖化、CO2削減へ、エコロード・道からストップ温暖化を!・・・

地球温暖化の原因、CO2を道から減らす「エコロード・キャンペーン!
車社会、高速道路で進んでいる取り組みの中から、3つの取り組みをお知らせします。
■取り組み・・・
1:高速道路でスムーズ走行、CO2の削減へ。
  今まで一般道路を走っていた車が、高速道路を利用するようになると、一般道路の渋滞が緩和され、CO2の削減につながります。
たとえば、高速道路を時速60kmで走行する場合のCO2排出量は、渋滞している一般道路を時速20kmで走行する場合に比べて、約4割も少ないのです。

2:ETCの普及を進めて、CO2の削減へ。
  ETCを搭載した車が増えれば、料金所でのいったん停止がなくなり、料金所付近の渋滞が緩和。
CO2の削減につながります。これまでにETCの普及により、約4万本の高木が吸収するだけのCO2を削減しています。

3:環状道路を整備して、CO2の削減へ。
  環状道路の整備は、都市の中心部の渋滞を緩和し、CO2の削減につながります。
たとえば、首都圏の3つの環状道路がすべて完成すると、東京23区の3〜4倍の面積の森が吸収するだけのCO2が削減できます。

♪詳しくはホームページをご覧ください。
  URL http://www.go-etc.jp/


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温暖化

温室効果ガス排出に歯止めを!温暖化防止に軍縮は避けて通れない選択の一つでは!?・・・

温暖化防止に軍縮」日本主導を・・・・
温室効果ガス削減について「2050年までに半減させることを真剣に検討する」と総括された、ドイツで開かれた第33回主要国首脳会議!

今や瀕死の地球を救うには?以下の問題を避けては通れまいに、・・・
その欠落している点とは?「イラク戦争を初めとする武力紛争、軍事力保持そのものが、温室効果ガスの拝出源であることを」・・・
忘れてはいけないのでは!

戦闘訓練だけでも膨大な石油資源が消費され、二酸化炭素の排出に拍車をかける。
戦争が起きれば、惜しみなく石油エネルギーがつぎ込まれ、温暖化加速という悲劇まで加わる。

つまり、・・・

温室効果ガスに歯止めをかけるには、軍拡競争をやめさせるのが先決ではないのか?・・・という考えが浮かび上がる。

軍縮が温暖化防止に直結していることを考えれば、避けては通れないのではと、・・・

50年までに世界の軍縮も半減するという目標を掲げて、来年のサミット議長国であるわが国日本がその役割をリードをして担っていってもらいたいものである。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 温暖化

温暖化の救世主!CO2削減・次世代自動車に期待を・・・

バイオエタノールを混入したガソリン(バイオガソリン)の試験販売が国内で始まり、間もなく2ヶ月が、・・・
ところが鳴り物入りで迎えられたバイオ燃料も、最近は食糧生産との競合による食品高騰という副作用に加え、供給能力の限界などが指摘されている。

地球温暖化やエネルギーの問題を一挙に解決する「救世主」ではなく、多様な対策の一つとして、バイオ燃料を含め多様な角度からの温暖化対策が必要になる。

バイオ燃料は、原料となる食物が成長する過程で二酸化炭素(CO2)を吸収するため、地球温暖化を招かないとされる。
「木材、稲わらも使う!」

国産でできない分はブラジルなどからの輸入に頼ることも検討を、・・・

でも、しかしCO2が放出される温暖化防止効果への疑問視も残る。

では次に期待されるのは何か?・・・

次世代自動車へ期待が高まる。
バイオ燃料のCO2削減効果を認めた上で、「石油代替の決めたにはならない」・・・とされる中で次にきたされるのは?

「バイオ(燃料)だけでなく、車のエンジン改造などとあいまってCO2削減を図る必要がある」
バイオ燃料を「さまざまな温暖化対策の一つ」と位置づけ、CO2排出量をガソリン車の1/3に抑えられる電気自動車や燃料電池車の実用化・低コスト化を急ぐ考えだ。

問題は価額面の普及が?・・・
今後は、燃料を改善したガソリン車、排ガス性能が高いデイーゼル車ハイブリッド車(電気・ガソリン併用)車が主流になるだろうと。
バイオ燃料を含む多様な技術のベストミックスが、当面の温暖化対策のカギになりそうだ。

・・・とある記事では強調している。

まだまだ山積み!食品高騰、供給能力・・・バイオガソリン課題山積み!?


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 温暖化

温暖化対策!省エネ照明でNECが社員対象に取り組みを・・・

環境!地球から地球へ、・・・
温暖化対策、家庭でも!!の記事が新聞に踊っていました。

NECでは、省エネ照明を社員向けに安価に販売することを・・・・
会社として取り組む地球温暖化対策を、社員の家庭でも実行してもらおうと、
NECは6月11日から省エネ型照明器具を社員向けに格安に販売している。
グループ会社を含む全国の支店や工場内にある売店で、クールビズ期間が終わる9月まで続けるそうです。

電球型蛍光灯を中心に販売し、・・・これにより、358トンの二酸化炭素削減につなげるというもの。
NECの社員数はグループ会社を含めて、15万4000人。
一人当たり1個を置き換えるだけでも省エネ効果は大きいとして、
電球型蛍光灯の使用を呼びかける。



環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 16:33 | 温暖化

地球温暖化!気温上昇が世界に及ぼす影響は?・・・

地球温暖化の影響は極域から赤道域にまで及んでいるといわれています。
国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第2作業部会は、・・・
今月初め、こう分析した報告世をまとめた。
改めて各国に二酸化炭素などの温室効果ガスの排出削減を求めた形で、・・・
2012年に期限が切れる京都議定書後の国際交渉に影響を与えそうだと。

温暖化:上昇「2〜3度」限界 IPCC初の許容数値

地球温暖化:深刻、世界で影響−−IPCC警告

IPCCのパチャウリ議長は、「最も貧しい人々が影響を受け、適応能力も低い」と述べ、
世界が協力して途上国を支援するよう呼びかけています。

又世界のものの流れに詳しい森口祐一・国立環境研究所循環型社会・廃棄物研究センター長(環境システム学)は、・・・
「日本は資源の輸入依存度が高い。海外で温暖化による影響が発生すれば、日本にも波及する」と語り、・・・
国内外の状況に目を向けて温暖化防止に取り組む重要性を訴えている。

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温暖化

ホッキョクグマにも「地球温暖化」の影響で絶滅の危機が迫って来ては?・・・

地球温暖化の問題が、・・・世界中で叫ばれ問題視されていますが、その弊害はこのようなところにも及ぼしているのです。
日本でも一部のメディアで紹介されているのだけど、ドイツのベルリン動物園で人気者となっているホッキョクグマクヌート(Knut)。
昨年末に生まれた子グマなのだけど、一緒に生まれたもう1頭が生後4日目で死亡、母クマに育児放棄されるなど、
生まれて間もないのにかなり困難な人生を送っているというニュースが。
ちなみに、ホッキョクグマは、エサを求めて移動するための経路である湖が凍らなかったり、エサであるアザラシが減少したりなど、
地球温暖化の影響から絶滅の危機が高まっている。
国際自然保護連合(IUCN)の2006年版レッドリストでは、
これまでの低リスク「保全対策依存」から絶滅危惧に入る「危急」に変更されるなど、かなり危機感は高まっているのだ。

しかし、動物園の職員による不眠不休の飼育によって、現在もすくすくと育っているもよう。
ドイツで最も有名な週刊誌であるデア・シュピーゲルの電子版では、
「CUTE KNUT BERLIN'S BABY POLAR BEAR」と題して特集を続けており、
まさにぬいぐるみのような愛らしいクヌートに、ドイツ国民だけでなく、・・・
世界中から温かい視線が注がれているのだ。
それにしても、・・・うーん、本当に可愛い……。

クヌート
は、生後間もなく母グマが育児を放棄したため人工飼育されている。
この日のお披露目にはカメラマンら約1000人が詰め掛け、生後3カ月半の
愛くるしい動きに歓声を上げた。と記事は伝えている。

ドイツのガブリエル環境相は23日、ベルリン動物園で生まれ、この日一般公開
されたシロクマ「クヌート」を、環境保護問題の「大使」に任命すると述べた。
環境相は「地球温暖化が進めばシロクマを見ることができなくなる」と
「大使任命」の理由を語った。

しかしシロクマの人工飼育は極めて難しいとされ、本来の成育環境に適して
いないとして動物愛護専門家が安楽死を要求するなど論議を呼んでいる。のも又事実とのことです・・・

が、・・・
日本でも人工飼育している1例があり、・・・今後の成り行きから目が離せません。

img_news.jpg

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 09:47 | 温暖化

地球温暖化で、ツバル「南国の楽園」が沈むかも知れないとは?・・・

地球温暖化
の問題は、・・・最近テレビでも各方面が取り上げていますが・・・

そんな地球の歩くに志摩がこの数年で海面上昇に伴い、・・・
このままでは島がいずれ沈むのでは?・・・
    といった危機に面しているとの映像が流れていました。
TBS「夢の扉」で紹介されていましたが、多分再放送化と、
この問題に取り組んでいる方が日本人の中におられます。

その男性とは、?・・・“遠藤秀一”さん。
遠藤 秀一(えんどう しゅういち、1966年−)は写真家。
福島県出身。大阪芸術大学建築学科卒業。大成建設 設計本部に就職。
その後、フリーの写真家となる。おもに南太平洋の島々をフィールドとし、
特にツバル国に関する造詣が深い。現在、未分離デザイン研究所の代表取締役所長。NPO Tuvalu Overview[1]の代表理事も務める。
遠藤さんによると、↓
地球温暖化に伴なう海面の上昇で、サンゴで出来た島が危機に直面しています。
このまま温暖化が進めば、南太平洋にある島国「ツバル」と
隣りの「キリバス共和国」は確実に海に没し、
そこに住む人たちは地球初の環境難民になるといわれています。

ツバルが沈むっていう話、具体的に「沈む」ということをイメージしにくい人も多いと思うんですが・・・。

ツバルという島は、もともとサンゴ礁で出来ているんです。
そのサンゴ礁というのは一年で1.5センチくらい成長するんですが、
それだけを考えると通常では海面の上昇よりはるかに高くなっていけるはずなんですね。
ところが、温暖化によって海面が上がるという現象の原因の1番が
氷が溶けることと思っている人が多いと思いますが、そうではないんです」
詳細はこちらから、・・・http://www.flintstone.co.jp/20021110.html

4337099026.01._AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg
ツバル―海抜1メートルの島国、その自然と暮らし

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?


posted by kankyoichiban at 10:36 | 温暖化

地球温暖化の影響は病害虫の生息域までも?・・・

地球温暖化の影響を受けて、病害虫の生息地域が広がっているとのことです。

九州でも近年、宮崎県などに生息していたミナミアオメムシが北上し、
福岡県内で確認されたそうです。
コレは?・・・温暖化に伴い、越冬する成虫も増えたと見られ、
県農業総合試験場は、場内の圃場で幼虫や成虫を採取し、発生時期などの調査を続けている。

九州では、鹿児島県、宮崎県、熊本県天草地方などに分布。
コレまで福岡県など九州北部では越冬できないとされていたが、温暖化により、・・・成虫が冬を越すケースも増えたとみられる。
・・・・といった現象も地球温暖化に関係がしているんですね。

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 16:20 | 温暖化

地球温暖化!省エネ・省資源への取り組みを?・・・

地球温暖化を食い止めるためにさまざまな事業に取り組む企業や事業が増えています。
日本全国で行われている「省エネ」や「省資源」の取り組みが?・・・

一番即効性がある河川浄化法として注目されているのが、・・・
1:「合併処理浄化槽」
2:「バイオマス」


二酸化炭素削減の為に、省エネすることと、二酸化炭素を固定化する森を保全すること。
この日本柱で行くことが21世紀の課題だと。

そのためには?・・・
森、緑化、植物を植える、・・・
窓の庇(ひさし)・・・
生垣で緑化を・・・

新しい情報、知識ももちろん大切ですが、・・・むかしの「当たり前の知恵」も、もっと活用して、活かしていかねばならない時代が・・・

森と水と空気!・・・大切にする知恵、使わないともったいないよ!!
ストップ・ザ・地球温暖化

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温暖化

地球環境「迫る温暖化」消える熱帯林・解ける氷河?・・・

北極の氷がとけ、南の島が海に沈む?・・・熱帯林が消え、
砂漠化が進む?・・・=じわじわと押し寄せる地球温暖化の影響!!
今地球の隅々にまで忍び寄ろうとしている。とのニュースが?

今世紀末には6.4度上昇も!・・・
中国からの「黄砂」ガ暖冬で早まり増えているとも・・・
中国の砂漠化がすすんではいないか?  と・・・

酸性雨にしても、ある日突然国境を越えてやってくるのではとのフアンも飛び交う。
地球への影響で最も気になるのがご存知、・・・地球温暖化

石炭や石油などの化石燃料に依存した大量消費型の社会が続けば、?・・今世紀末の地球の平均気温は最大6.4度、海水面は、59cm上昇すとも?・・・


この先に予想されるのが?・・・
環境破壊が同時多発的に地球規模で進み、地球が今、危ない!

そこで地球温暖化対策の始まりがスタートを・・・
ではどのようなことを?・・・「木」を植えることが地味ながらも温暖化対策に有効な一つだと。

長い歴史の中で培われてきた地球・森林!・・・
小さな一歩でも、植樹で緑の「地球環境」を取り戻すことで温暖化防止に参加しよう。

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 温暖化

地球温暖化!原因は「二酸化炭素」にある!?・・・

地球温暖化に警笛を!?・・・

今、記録映画・・・「不都合な真実」がヒット中!!不都合な真実 (出演 アル・ゴア)

◆地球温暖化の原因は?・・・
人間が排出する「二酸化炭素」にある。

温室ガス排出で温暖化は起きているとし、化石燃料の大量消費が、・・・
続けば、今世紀末の平均気温は最大で6.4度、海水面は59センチ上昇すると予想!!

そこで警笛を!・・・
今後、環境配置型社会への転換を呼びかけている。
すると・・・
気温は1.1度、海水面は18センチに抑えられると!!

記録映画では・・・「あなたにできること10のこと」と題して・・・
環境に無関心な政治家をえらばないこと!!
・・・から、アメリカも地球温暖化に参戦をと・・・
不都合な真実

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?



posted by kankyoichiban at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温暖化

世界の平均気温「最高値」更新?・・・

空を見て海を見て、山を見て川を見て、・・・
陸を見て、車を見て、天候を見て、買い物に行って、・・・

最近はみなそれぞれに感じるもことが、感じるものがありませんか?・・・
異常気象・温暖化問題!
毎日報道される、各地の気温と天気!
最高気温と最低気温⇔晴れ・曇り・雨・雪・雷・など・・・

いろんな場面で私達はこの天気を目安に行動を起こしています。
そのような天候に最近は大きな変化がおきているのです。

しかも世界的に・・・
北極の氷が溶け出しているとか?・・・
一体この地球に何が起きているのでしょうか?・・・
今日の新聞を見渡しますとこんな記事が目に留まりました。
“2ヶ月連続「世界の平均気温」最高値更新”

世界の月平均気温が1月としては1891年以降の統計史上最高となったと・・・
昨年12月の記録も最高値を更新しており、2ヶ月連続での記録更新となった。

◆日本の平均気温は1898年以降、4番目の高さだと・・・
海面水温の平均値でも、平年より0.45度高く、過去最高だった02年を0.01度上回った。

では主な主要都市では?・・・
◆モスクワ:氷点下1.6度(平年比+5.9度)
◆ベルリン:5.3度(+5.1度)
◆ニューヨーク:3.8度(+3.5度)

◆その他では?・・・
ヤクーツクは+9.2度、オムスクは+7.7度、・・・30年に1度の異常気象となった。・・・との記事が!
今後の世界の気温の動きから目が離せません。

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温暖化

熱帯林&地球環境の未来は?・・・

連日のように話題に上がる温暖化のニュース!
何でもこのままだと熱帯林も減少し、地球環境に及ぼす影響は計り知れないとか?・・・報じられていますが!
そこで熱帯林減少の原因を考えてみることにしました。

■熱帯林の変化は?・・・
地球上の全陸地のうち、森林が占めている割合は、陸地全体のおよそ30%に当たる。
このうち熱帯地域に分布する熱帯林の割合は12%を占めていると。
ここは様々な野生動物が暮らす場所で、赤道数編の厚い知己にありながら、木々に覆われているため気温が上がりすぎず、・・・
生き物にとってすごしやすい場所といえます。

森林には、根や土の中に雨水を蓄える働きがあるため、洪水や山崩れを防ぐことができるのです。

熱帯林は、地球の陸地面積の薬12%であるにもかかわらず、・・・地球上に生息している動植物の半数以上が住んでいるといわれています。

森の木々は、光合成によって大気中の二酸化炭素を吸収して、酸素を生み出しています。

この二酸化炭素は地球温暖化の原因になるので、木々が二酸化炭素を吸収することによって、地球温暖化をおさえられるのです。


熱帯林は、人間や動物だけでなく、地球にとっても大切な存在なのです。

ところがこの熱帯林を開発せざるを得ないという状況から、・・・
森林の減少が激しくなっているのです。

■主な原因は?・・・
大規模な農地の開発が、熱帯林が減少している主な原因です。
食用油や潜在の原料になるアブラヤシは、熱帯地域に分布しています。
日本でも多くの木材がこのような地域から伐採されたものが輸入されているのです。

■人為的な原因も?・・・
多くの生き物が絶滅している原因は、人間にあります。
人間は、食料や薬、衣服などに使用するため、必要以上に動植物を捕獲してきました。
人間は地球の主役ではありません。様々な生態系の一部を担っている生き物の一種に過ぎないのです。

伐採、自然破壊、乱開発は、生き物の住むが所を奪うことになり、絶滅につながります。
生態系のバランスが崩れることで、生き物がどんどん絶滅を・・・

■減少する生物が?・・・
地球の環境は、大気や水、土、太陽光などの環境要素と、動物や植物、微生物などの生き物によって、成り立っています。

この生態系が崩れると、食用の動植物が減るなど、人間にも直接影響が出ることになります。

長い年月をかけて築かれてきた生態系を破壊してはならないのです。

■今後の地球は?・・・
今のままのスピードで熱帯林が減少していけば、100年後には、地球上から熱帯林がなくなるといわれています?・・・

そうすると、生き物の住処がなくなり、生き物の吸うが減るだけでなく、今まで木々が行ってきた働きもとまってしまうのです。


水を蓄える働きがなくなり、洪水や山崩れなどの災害が起こり、又光合成による酸素の供給が減って、二酸化炭素が増えると、
地球温暖化が進む原因になります。

さらに、木々がなくなり気温が上昇することで砂漠化も進むなど、さまざまな影響が出てきます。熱帯林の減少は私たちにとって深刻な問題だということが理解できると思います。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?

posted by kankyoichiban at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温暖化

地球温暖化が及ぼす影響は?・・・

国連の「気象変動に関する政府間パネル(IPCC)」の作業部会がまとめた報告書によると、・・・
21世紀に地球の平均気温は、・・・最大「6.4度」上昇するとの予測が!!

すると、地球温暖化は各方面に影響を及ぼすと・・・

IPCCは、現在の経済状態で温暖化が進むと、日本を含む東アジアなどでは気温が平均で約3度高くなると予測しています。

もしそうなると国内では何が起こるのか!?・・・

◆農産物
◎温州ミカンは、年平均気温15〜18度の地域が栽培の適地。
現在は吸収から関東の太平洋沿岸が相当する。
↓・・・ところが、10年あたり0.37度の気温上昇が続くと、
2010年代には適地が山陰地方を中心とした日本海側に移る。

◎りんごは、年平均気温6〜14度の地域が栽培に適しており、北海道北部や東部、西日本の平野部を覗除く地域に広がる。

又、冷涼な気候を好む野菜への打撃も懸念される。

◆漁業
◎水産総合研究センターによると、温暖化の影響を、30年後、50年後、100年後に分けて分析。
サンマ、ふぐなどの日本人になじみの深い魚の漁獲量などにも影響を及ぼしそうだと見ます。
サンマは、毎年9月に初水揚げされる根室沖の漁場が消滅し、100年後には経済水域外の北方領土まで移る。
最盛期の11月でも現在の千葉県調子沖にある漁場は消え、漁場の南限はいわき沖まで北上すると言う。
◎真冬の味覚フグも生産できる適地が北上する。
養殖可能な水温の上限は29度。現在、29度の等温線は九州南部沖にあるが、50年後には紀伊半島沖、100年後には関東沖に北上する。

現在の主産地は養殖に適さず、下関産のフグを味わうことは難しくなるが、東北などではとらふぐの養殖が可能になる。
逆に海水温が上昇すれば、ハタやイトヨリダイなど亜熱帯性の魚が日本近海で取れるようになる。
つまり、・・・
「温暖化が進むと、亜熱帯の魚が食卓を飾るようになるだろう」と・・・

北海道中央水産試験場によると、タラコの原料となるスケトウダラは冬の産卵に適した水温の海域に集まるため、温暖化すればより北の海域か深い水域にしか集まらなくなる。すでに、海底の浅い北海道北部沿岸ではスケトウダラが集まらず漁獲量が減少している。

◆生態系
氷河や陸氷の流出などで海水温が上昇することも予測されている。海面が1メートル上昇すると、全国の砂浜の90%が消滅。渡り鳥の餌場となっている干拓が消え渡り鳥への影響が懸念される。

その他、日本の代表的な落葉樹であるブナの生育に適した土地が、21世紀末には全国で焼く90%減ると試算した。
水源や野生生物の生息地として、温暖化で北海道には生育の適地が広がるが、本州では大幅に縮小し、他の野生生物への影響も懸念されている。

◆健康
最高気温と熱中症患者の関係も、地球温暖化で平均気温が30度以上になったら、患者が発生し始め、33度を超えると急激に増加すると。・・・


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?






posted by kankyoichiban at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温暖化

地球温暖化de「平均気温」最大6.4度上昇!?・・・

環境破壊・地球温暖化が叫ばれて久しいが・・・

2月2日地球温暖化に関する最新の分析や予測を集約する、・・・
国連の「気象変動に関する政府間パネル(IPCC)]が発表された。

内容によりますと、
21世紀末に、地球の平均気温が最大で6.4度、海面は最大59センチ以上上昇すると第4次報告書を・・・
人間活動が温暖化を起こした可能性については?・・・「かなり高い」と、
従来より表現を強め、確率は90%以上とした。

IPCCは、報告書で・・・
大気や海の平均気温の上昇や雪氷の融解などを根拠に「地球温暖化は疑う余地がない」と指摘。

温暖化の一因は、18世紀の産業革命を境に、温暖化を起こす二酸化炭素(CO2)が1.4倍と、メタンが2.5倍にそれぞれ急増したことを上げ、・・・
「1750年以降の人間活動が温暖化の一因」と分析している。

異常気象については、・・・
「70年以降のハリケーンや熱帯サイクロンがより強力になっている」と、・・・温暖化との関連を認めている。

このまま温暖化が進むと、今世紀末までに晩夏の北極海の海氷がほとんど消滅する恐れがあり、台風やハリケーンの郷土が強まる。・・・・・
といわれております。

IPCC報告書の地球温暖化分析の重要性を改めて考える機会に!!

◎こんな怖いシュミレーションも?・・・

1度の上昇でも?・・・30万人が死亡? 
5度上昇で?・・・主要都市水没か?

海洋の酸性化を指摘した記事も・・・
010223.BMP


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温暖化

大量消費のツケにいま・・・「警笛」が!・・・

毎日のように新聞記事に、ニュースにあがる環境強問題
と・・・
地球温暖化対策の記事・ニュース!

あらゆる角度から代替燃料・バイオ燃料への取り組みが・・・
そんな中、「大量消費」に対して警笛が鳴らされています。

◎地球の平均気温の上昇や氷雪の融解増などから、
人間活動による温室効果ガスの排出で温暖化が確実に起きていると強調。

化石燃料に依存した大量消費の社会が続くと、今世紀末の地球の平均気温は、最大で6.3度、海水面は58センチ上昇すると推測。
4度の気温上昇でも、約30億人が水不足に直面し、多くの水生物が絶滅すると警告している。

一方で・・・
環境配慮型の社会に転換すれば温度上昇は1度、海面上昇も19%におさえられると国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第四次報告書案では述べられている。
海と陸を合わせた地球の現在の平均気温は約15度とされます。
一方温度上昇の影響で、氷河でできた湖や永久凍土が解けたり、山岳部の
氷の一部や岩の崩落がすでに増加していると言われます。
平均気温が3度上昇すると、アジアで年間700万人以上が洪水の危機に直面し世界の1億人以上が新たな食料難に陥るとも述べています。

◎要約すると、「大量消費」をこのまま続けていると?・・
1:平均気温6.3度
2:海面58センチ上昇
3:IPCC4次報告・・・世紀末を予測
4:30億人・・・水不足の危機に?・・・

地球上にクラス一人一人が、この現状を深く受け止め次の世代に・・・


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?

posted by kankyoichiban at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温暖化
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。