環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?


スポンサードリンク

環境問題は、今や地球規模の高まりを見せる中、自動車産業をはじめとして企業を取り巻く石油の現状は厳しさを増すばかり。
そのような中で注目が代替燃料。各国で代替燃料・バイオ燃料の開発がしのぎを削っています。バイオ燃料の現状と燃費向上・省エネグッズの今を・・・・






スポンサードリンク

省エネの翼!全日空に最新鋭機「787」就航で、燃費20%改善を・・・!?

米ボーイング社の最新鋭中型ジェット旅客器787「ドリームライナー」の1号機が3年以上遅れて、全日本空輸に引き渡された。
設計変更など「難産」の末に生まれた787は、燃費効率に優れているのが最大の特徴。

すなわち、省エネの翼!全日空に最新鋭機「787」就航で、燃費20%改善を・・・!?がうたい文句。

地球温暖化対策や原油高を背景に「世界を変える」ヒット機種になる可能性を秘めている。
受注はキャンセル分を除いても800機を超えるとのこと。
しかも、温暖化対策で航空機の二酸化炭素(CO2)排出量の削減を求める声が強まっていることも、787の販売には追い風となっている。
新技術の駆使で乗り心地も良くなり、機内の騒音も抑えたほか、乗客から不満が多かった機内の乾燥を防ぐなど快適性は大幅に向上。日系航空関係者は「787を選んで乗る客も増える」と予測する。

*最新鋭 中型旅客機
 ボーイング787「ドリームライナー」の特徴といえば・・・!?
img041.jpg

↓↓

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策

脱原発!太陽光や風力など、再生エネルギーは、どこまで原発の代替となりえるか・・・!?

3月11日の未曾有の東日本大震災が起きたのをきっかけに、津波、原発対策を含め環境への考え方が軌道修正される機会となりました。

今では、首相の「脱原発」方針に対し、「賛成」は「どちらかと言えば」を含めて7割を超えました。内閣支持率は17%と発足以来の最低に落ち込んだにもかかわらず、です。

誰が首相であろうと、どの政党が政権党であろうと、大筋の方向性として「脱原発」は多くの国民が望むところで「国策の転換」が課題になってきた−と言えるのではないでしょうか。

問題は、その具体的な方策と説得力のある道筋です。ひと言で「脱原発」と言っても、「全原発の即時停止」から「段階的に依存度を下げていく」考え方まで実に多種多様です。
「縮原発」「減原発」「卒原発」などさまざまな「脱原発用語」が飛び交う現状は、その反映でしょう。

もちろん、原発だけに目を奪われるわけにもいきません。太陽光風力など再生可能エネルギーは、どこまで原発の代替となり得るか。そのコストとリスクをどう総合的に判断するか。

企業の活動から国民の暮らしまで左右するエネルギー政策は、まさに国家戦略です。国民的な合意形成を踏まえて練り上げていく必要があります。

今こそ国家が総力を挙げて、真剣にこの国の将来を見極める政策をとるときではないでしょうか。

↓↓
環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?

posted by kankyoichiban at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策

ソフトバンク・孫社長、メガソーラー(大規模太陽光発電所)10カ所検討!埼玉・関西連合が協力名乗りを・・・!?

ソフトバンク・孫社長、メガソーラー(大規模太陽光発電所)10カ所検討!埼玉・関西連合が協力名乗りを・・・!?
今朝のニュースでこんな記事が出ていました。
↓↓
ソフトバンクの孫正義社長が、東京電力福島第1原子力発電所事故を受け、全国10カ所程度で大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設を検討し、埼玉県や近畿などの7府県でつくる関西広域連合が協力に名乗りを上げていることが21日、分かった。

埼玉県の上田清司知事は21日、記者団に、ソフトバンクが79億円、県が1億円を拠出して県内に建設する方針で調整を進めていることを明らかにした。

孫社長は関西広域連合のほか、神奈川県など10都県が参加する関東地方知事会との連携も模索している。
総事業費は800億円規模に上り、各自治体に一部の負担を要請する意向だ。

孫社長は同事故を受け、脱原発を訴え、再生可能エネルギー事業への参入に意欲を示していた。

↓↓

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策

ソフトバンク孫社長「東日本ソーラーベルト構想」を提案で、「脱原発財団」設立を表明・・・!?

ソフトバンク孫正義社長は20日、民主党の東日本大震災復興ビジョン検討チームの会合に出席し、
原発依存から脱して自然エネルギーによる発電を推進するための政策提言を行う「自然エネルギー財団」を設立することを明らかにした。
↓↓
いわゆる「東日本ソーラーベルト構想」を提案で、「脱原発財団」設立を表明・・・!?
↓↓
孫氏によると、社長を離れた個人の立場で財団に少なくとも10億円を拠出する。
孫氏は会合で、津波による甚大な被害を受けた地域の復興計画として、太陽光風力による発電設備を大々的に整備する「東日本ソーラーベルト構想」を提案した。
孫氏は財団設立に関して「原発事故で多くの国民が不安を抱いている。
安心、安全な自然エネルギーを日本にもっと増やせるように、世界の科学者100人くらいの英知を集めたい」と説明した。

↓↓

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策

エコカー普及へトヨタとマイクロソフト提携を・・・!?

トヨタ自動車と米マイクロソフト(MS)がIT分野で提携し、エコカーの普及拡大に向けたインフラ整備で協力することが6日、分かった。
トヨタの豊田章男社長とMSのスティーブ・バルマー(CEO)が7日朝、記者会見し、提携内容を説明する。
↓↓
柱となるのは、太陽光や風力で生み出される電力を電池に蓄えることなどにより、効率的なエネルギー利用を目指す次世代送電システム「スマートグリッド」に関連する技術開発と見られる。
トヨタが12年初めに市販する次世代エコカー、プラグインハイブリッド車(PHV)の車載電池を家庭向けの蓄電池として活用することができれば、スマートグリッドの普及と省エネにつながると持ている。
↓↓
MSの技術を活用し、携帯端末からPHVの蓄電量を確認したり、家電を操作できるようにすることも視野に入れる。
また、トヨタの車載端末でMSのソフトウエアを応用、渋滞情報などが簡単に確認できるようにするなど利便性も向上させる見通しだ。
トヨタは、グループの住宅メーカーと協力して、家庭での二酸化炭素(CO2)排出量を削減するシステムの開発を進めていた。

↓↓

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策

エコカー減税がスタート!環境対策車が販売を開始・・・!?

2009年4月よりいよいよスタートを開始したのがエコカー減税
☆ガソリン車における、優遇対象は、「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」認定を取得し、・・・
なおかつ、「平成22年度燃費基準+25%、+20%、+15%」のいずれかを達成した車両になります。
↓↓
こちらのメーカーの車についてみてみますと・・・!?
インサイトは免税!エコカー減税スタート !
↓↓ 
2009年4月からスタートした「エコカー減税」。
環境に配慮したクルマを購入すれば、税金が減額される制度です。
ハイブリッドカーであるインサイトも、もちろん減税対象。
新車購入時に、自動車取得税・自動車重量税が免税となります。
今、まさに購入のチャンス?!詳しくはこちらのURLでご確認ください。

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?

posted by kankyoichiban at 13:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 環境対策

環境対応、燃費向上、ホンダよりハイブリッド車「インサイト」発売開始を・・・!?

地球温暖化、二酸化炭素(co2)削減が叫ばれて久しいですが、・・・
このたびホンダから低公害エコカーが発売に!
環境対応、燃費向上、ホンダよりハイブリッド車「インサイト」発売開始を・・・!?
↓↓
ホンダは2/5日、環境対応のハイブリッド車「インサイト」を、6日から発売すると発表をしました。
金額は、189万から〜221万円で、・・・
低公害車を優遇する「グリーン税制」の拡充で、4月以降の購入者の税負担が焼く11万円軽くなる見通し。
↓↓
このため、税制優遇を先取りし、3月末までの購入者には、ホンダと販売店が協力して、関連法案が成立する以前でも、差額の1部還元を実地。
還元額や具体策は明らかにしていないが、キャッシュバックや値引きなどが考えられる。
先行して国内で発売し、4月ごろに欧米市場にも投入し、世界で年20万台の販売を目指す。
本だの福井社長によると、「ハイブリッド車の常識を破る価額にした。普及を通じて地球環境に貢献したい」と述べています。
↓↓
燃費向上を支援するため、ドライバーの「エコ運転度」を評価したり、エンジン出力やアイドリング時間、エアコンを自動調節したりする「エコアシスト機能」を採用している。
ガソリン1gあたりの走行距離は30kで、トヨタ自動車の「プリウス」より短い。
20090205-00000610-san-ind-view-000.jpgホンダ「インサイト」

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 07:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | 環境対策

自動車業界の環境、エコカーなどへの取り組みの現状と未来は如何に・・・!?

自動車に関係する環境問題に対する公的部門、自動車業界の取組みについての情報です。
↓↓
地球温暖化、大気汚染、騒音、振動等の自動車を発生源とする環境問題に対する国土交通省や自動車業界の取組み、規制などの情報です。
↓↓
排ガス規制 ・ 電気自動車 ・ ハイブリッド自動車 ・ 天然ガス自動車 ・ メタノール自動車
↓↓
乗用車 ・ 軽自動車 ・ トラック ・ エコカー ・ ハイブリッドカー ・ 先進安全車 ・ 新車
↓↓
現在、日本は車社会と言われるように、
街中どこを見ても、自動車が走り回っています。

自動車一台ならば環境に及ぼす影響は少ないですが、
車社会と言われるほど大量ですから、
自動車が環境に及ぼす影響は非常に大きいと言えるでしょう。
↓↓
そして今、この自動車関連の環境対策は最重要課題となっています。

>>次に自動車関連の環境対策を挙げます。

○騒音対策

○低公害車の開発

○排気ガスによる大気汚染のへの対策

○ガソリンに代わるクリーンで安定供給が可能な燃料の開発
↓↓
今後は、・・・エコカーへの関心度がより高くなる中・・・
地球温暖化、環境対策、バイオ燃料の今後の対策を組み込んだ自動車産業のあり方に注目です。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策

自動車部品“エコ化”に植物のチカラで環境意識をアピール!

自動車業界が、植物を素材とした内装部品の開発や利用を加速させているとの記事を見つけました。
石油から製造する合成樹脂の使用を減らし、自然素材を活用する部品の“エコ化”によって、環境問題への意識の高い消費者にアピールする狙いがある。
↓↓
部品メーカーの「トヨタ紡織」は、ドアの内張りや天井など5種類の部品に、ハイビスカスの仲間の1年草「ケナフ」を混合した素材を利用。
これらの部品は現在、トヨタ自動車が販売する「レクサス」などの高級車を中心に20車種に採用されているそうです。

>>植物材料は、植物が生育するまでに二酸化炭素(CO2)を吸収していることから環境への負荷が低いとされている。
その上、ケナフは繊維が強く部品に使うのに適している。
重量も軽く「自動車の燃費改善にもつながる」(トヨタ紡織)と、・・・
↓↓
課題は、植物のため品質が不安定なことと製造コストが高いこと。
同社ではこの春からインドネシアで現地研究所と提携してケナフど品質改良を開始。今後、本格生産につなげ、部品への活用を大幅に増やす考えだ。
↓↓
>>マツダは、トウモロコシを原料としたバイオプラスチックを開発しており、2008年度内にリース販売する水素ハイブリッド車の内装に使う方針。
さらに、稲わらや間伐材を原料としたプラスチックの開発も始めた。
↓↓
>>ホンダも、7月から米国でリース販売を始めた新型燃料電池車「FCXクラリティ」のシート表皮などにトウモロコシから作った素材を使用。
「少しでもCO2削減に役立つクルマを造りたいという思いから植物素材を採用している」。
・・・と各社は説明している。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策

温暖化防止、環境規制、自動車メーカー次世代ディーゼル車の販売に力を・・・?

自動車メーカー各社は2008年度以降、環境にやさしい次世代ディーゼル乗用車を相次いで売り出す予定。
ガソリンが最高値まで高騰を続ける中、ディーゼル車の燃料、軽油は1リットル当たり約20円も安い。
環境問題と割安な燃料を売りに、新車販売が低迷する国内市場活性化の切り札としたい考えだ。

▼環境規制にあわせ
ディーゼル車は、ガソリン車より燃費に優れ、二酸化炭素(CO2)の排出量も少なく、温暖化防止の効果が高い。
欧州では乗用車の5割を占めるが、コレまで日本では排ガスや騒音綿でのイメージが悪く、バスやトラックが大半だった。

日米欧で環境規制が一段と厳しくなるのに合わせて、各社が規制に適合する「クリーンディーゼル」エンジンを相次いで開発。
日産自動車首脳は「ガソリン価額の高騰で、日本でも売れる環境が整ってきた」と期待する。

▼日米で販売計画も
日産、ホンダ、富士重工、三菱自動車、をはじめ国内販売を計画を・・・
又、トヨタ自動車といすゞ自動車も小型車用のエンジンを共同開発している。

今年は日本で、洞爺湖サミットも開催される。
地球温暖化防止、環境問題は世界が取り組まなければならない緊急課題である。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策

環境・英国公用車、プリウスか? ジャガーか?で閣内不一致に・・・?

英国公用車の採用をめぐって今閣内不一致に・・・・?
3/24日ロンドン共同によると、環境にやさしいトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」か、・・・?
英高級車ブランドの「ジャガー」か、・・・?

英ブラウン政権で出閣僚らの公用車をめぐって意見が対立。
運輸省は、政府が率先して地球温暖化防止に取り組むため、この夏までに閣僚や政府高官の公用車に厳しい排ガス規制を貸すことを提案したとの記事。
新規制では多くの閣僚が愛用するジャガーなど英国車の二酸化炭素(CO2)排出量が基準を超えるため、すでに各省庁の公用車として実績があるプリウスの導入を事実上促す内容だったと。

つまり今後の論争は、英政権の温暖化対策への取り組みの真剣さを占う意味でも注目されそうです。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策

地球温暖化、燃費向上・環境にやさしい運転とは・・・?

はじめよう。燃費がよくなるCO2の排出量が減る。
地球環境にやさしい運転!を、・・・
↓↓
>>エコドライブ10のおすすめ!
1:ふんわりアクセル「eスタート」
  やししい発進を心がけましょう。

2:加減速の少ない運転
  車間距離は余裕を持って、交通状況に応じた安全な定速走行に勤  めましょう。

3:早目のアクセルオフ
  エンジンブレーキを積極的に使いましょう。

4:エアコンの使用を控えめに
  車内を冷やし過ぎないようにしましょう。

5:アイドリングストップ
  無用なアイドリングをやめましょう。

6:暖機運転は適切に
  エンジンをかけたらすぐ出発しましょう。

7:道路交通情報の活用
  出かける前に計画・準備をして、
  渋滞や道路障害などの情報をチェックしましょう。

8:タイヤ空気圧をこまめにチェック
  タイヤの空気圧を適正に保つなど、確実な点検・整備を実地しま  しょう。

9:不要な荷物は積まずに走行
  不要な荷物を積まないようにしましょう。

10:駐車場所に注意
   渋滞などを招くことから、違法駐車はやめましょう。

大気環境保全のために環境再生保全機構は「エコドライブ10のすすめ」を推奨しています。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策

環境対応車・第40回東京モーターショー開催で520台展示を!・・・

地球規模で叫ばれる地球温暖化防止二酸化炭素削減計画、省エネ、エコ計画などなど、・・・
日本自動車工業会は20日、第40回東京モーターショーの概要を発表した。10月26日から11月11日までの17日間、千葉市の幕張メッセで開催される。
東京モーターショーは近年、乗用車と商用車を分離して開催してきたが、・・・97年以来10年ぶりに合同開催に戻す。

12カ国・地域から自動車、部品メーカーなど242社・団体が参加し、・・・最新の環境対応技術を盛り込んだ自動車など、四輪・二輪計520台を展示する。
このうち71台は世界初の発表となる見通しだと。

地球規模で進んでいる二酸化炭素(CO2)削減に向けて、地球温暖化防止の対策が課題となっています。

今回の環境対応車などの展示から目が話せません。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策

地球と暮らす。環境対策!企業の社会的責任に注目を、・・・

環境 地域から地球へ!CSR=企業の社会的責任に注目が?・・・
 雑木林再生燃料利用。間伐材を使い紙容器。

社会、環境、経済での取り組みを企業自身が公表する、CSR(企業の社会的責任)に注目が集まっている。現在400社以上が取り組みを、・・・
日本の企業でもCSRは急速に広まっているようです。

そのような取り組みの中で紹介するのがこちらの会社。
宅配大手の佐川急便では、・・・雑木林を再生する取り組みを始めた。
バイオネス燃料として有効利用をする計画!

飲料大手のアサヒビールでは、・・・CSRの主要テーマの一つとして森作りなど環境保全を掲げる!国内の間伐材から作った紙容器を使って森林整備に役立てるほか、ペットボトルやガラス瓶のリサイクルを実地。

CO2排出量をグループ全体で90年比約9%減らした。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | 環境対策

環境 地球に優しい暮らしとは?『衛生から環境保護」へ、・・・

地球温暖化の影響は世界中に広がり、・・・その影響が自然災害という形でも表面化してきている。

地震災害もいつどこで起きてもおかしくない状況といわれていますが、・・・
地球に暮らす人間の今できることは何なのかを今一度考えて見ましょう。
ところで、今回の新潟県中越沖地震でインフラが寸断された、新潟県柏崎市に、最新の災害トイレ車が到着した。・・・というニュースがありました。
車椅子対応を含む3台の様式水洗トイレは、わずか400CCの水で尿を流し、マンホールに直接つないで処理できる。

開発されたのは「日本トイレ協会」(東京都港区)。
「いつでも、どこでも、誰でも、安心して使え、環境に配慮したし尿処理システム」を目指す活動から生まれた。


1985年に身近な公衆トイレの改善運動から始まった同協会の活動は、・・・災害被災地や山岳、途上国のトイレ改善に広がりを見せているとのことです。

世界での人口で、66億人の内、26億人がトイレを持たない。
環境・開発サミットでは、・・・
「安全な水と適切なトイレにアクセスできない人を15年までに半減させよう。」との合意も02年になされている。


◎「20世紀が石油の時代なら、21世紀は水の時代。22世紀はトイレの時代」と、・・・
国内では、人間の尿からリンを取り出し、肥料化する技術開発が始まっています。
来年は「国際衛生年」。運動は、防災、途上国の衛生問題から、限りある資源の再利用と環境保護へとさらに進んでいる。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策

地球と暮らす!石油に頼らない「脱石油社会」を模索!・・・

地球は有限、自然も有限」・・・地球と暮らす!

石油に頼らない社会作りを目指そうと、・・・
「もったいない」を合言葉に、脱石油戦略の理論構築から普及啓発まで幅広く活動する。


日本は石油の使用量を大幅に減らし、物を大切にする文化を作るべきだ。・・・と、

「経済成長を維持するために無駄なものを作って国内外に売りつける経済のあり方を変え、環境技術などの知恵を売る産業構造を構築すべきだ」とも、・・・

30年前と今のエネルギー使用量を比べ、「使うエネルギーは今のほぼ半分しかなかったが、・・・みんな幸せだった。食糧自給率は、今の1.5倍もあった。」と、・・・


「石油不足は間違いなく社会のあり方を変える」と強調した上で、
・・・「もったいない」の精神で環境問題を今一度見直そうでは?・・・


地球温暖化、ごみ、汚水、・・・現代社会が直面する環境問題!
・・・に正面から取り組む、「循環型」社会の実現が望まれる。


環境問題とバイオ燃料への取り組み!「自動車・燃費向上の切り札』は?・・・



posted by kankyoichiban at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策

環境分野でトヨタ、いすゞ新型ディーゼルエンジン生産で排ガス規制に対応を!・・・

自動車業界!環境技術の開発競争が激化する中、・・・
トヨタ自動車は15日、資本提携先のいすゞ自動車とディーゼルエンジンを共同開発し、生産を委託することを明らかにした。

いすゞ自動車は専用のエンジン工場を新設し、2012年以降に供給する見通し。

環境技術の開発競争が激化する中、トヨタはディーゼル分野に強いいすゞの技術を活用し、環境分野での競争力を強化する。


共同開発するのは1.6リットルクラスのディーゼルエンジンとなる見込みだとか・・・。

粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOI)の発生量を低減し、
欧州で09年にも導入される時期排出ガス規制に対応させる。

ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて燃費がよく、・・・
欧州市場では新車の約5割をディーゼル車が占める。

トヨタは欧州でディーゼル車を年間約50万台販売しているが、
1.6〜1.8リットルクラスは投入していなかった。


これからますます環境対応型車両の開発に注目が集まる。



環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 07:43 | 環境対策

温暖化対策、省エネ車でトヨタ、HVの世界販売100万台を突破したとのニュースが・・・

トヨタ、HV(ハイブリッド)車の世界販売100万台を突破したとのニュースが、・・・
6月8日配信の 日刊工業新聞で報じられていました。

地球温暖化防止、省エネ、環境対策に各国が取り組んでいるさなかで、・・・
 トヨタ自動車は7日、5月末までにハイブリッド車(HV)の世界販売が約104万7000台となり、100万台の大台を突破したと発表した。

トヨタは97年に初めてHV「プリウスは現行モデル」を発売。
以来、00年から北米、欧州など海外販売も始め、現在は世界40カ国以上で販売をしている。



 累計販売100万台の内訳は、プリウスが約75万台と断トツで1位。
以下は、スポーツ多目的車(SUV)「ハリアーハイブリッド」が約8万台、同「クルーガーハイブリッド」が約6万台、セダン「カムリハイブリッド」が約5万台と続く。

ガソリン価格の高騰でHV人気はさらに高まっており、06年のHV販売も前年比約33%増の31万台と急増。

トヨタは、4月末までに同社が世界各国で販売したHVについて、動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車と比べて「約350万トンの二酸化炭素(CO2)総排出量抑制効果があった」と試算している。



環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 14:14 | 環境対策

自動車メーカーの勝敗は、低燃費、低公害、環境面での優位性が左右する時代に!?・・・

トヨタ自動車が07年3月期決算で、日本企業としては初めて営業利益2兆円超えを達成した。・・・との記事が出ました。

利益、規模の両面でせかいとぅぷの自動車メーカーになることはほぼ確実と、・・・
「最大、最強」となる同社にとって、「環境」対策が最重要になる。

トヨタは01年以降、「高品質」と「低燃費」を武器に、年50万台超の規模で拡大してきた。

国内販売は伸び悩んでいるが、全体の34,5%を販売する北米市場は、ガソリン高によりトヨタの低燃費車の人気が高まっている。

過去最高水準の円安・ユーロ高となっている欧州市場や、アジアなど各地域でも小型車を中心に順調に販売を伸ばしているようです。

海外での評価は高い。!!

何故トヨタが?・・・

トヨタのブランドイメージをけん引するのは、電気モーターとエンジンを併用するハイブリッド車(HV)技術です。

97年に世界初の量産HV「プリウス」を投入以来、ワゴン車、高級車などに次々と投入し、・・・
「環境のトヨタ」を欧州などの先進国市場に定着させた。

今月17日には、最高級ブランド「レクサス」の旗艦車種LSにHV「LS600h」を追加発表した。
同社が最高級車をHVに設定したのは「環境」を前面に押し出し、
欧州メーカーが圧倒的な存在感を持つ高級車市場に臨む狙いがあるのではと、・・・

現在、欧州は窒素酸化物(NOx)などの発生量を抑制した次世代ディーゼルエンジンの開発に注力。
米国やブラジルは植物由来の燃料を使うバイオエタノール車で先行している。
さらには、水素と酸素を燃料とする燃料電池車や、家庭用の電源で充電できるプラグインHVなどの実用化に向けた研究開発が本格化しているようです。


つまり、・・・
先進国市場では、低燃費、低公害などの環境面での優位性が自動車メーカーの勝ち残りの前提条件になろうとしているのです。

今後課題となる問題は、むしろ新興市場向けの低価額車の「環境性能」が課題だと?・・・
これからはただ単に量よりも、質でも世界一を目指してほしいものです。

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(2) | 環境対策

環境対策!温暖化防止・循環型社会構築への大手メーカーの試みは?・・・

クールビズが叫ばれてから久しくたちますが、・・・省エネ効果はどれほどまでに?

製品や製造工程での環境負荷を小さくしようと、・・・
開発段階から大手メーカーが取引先と連携して対策を強化する動きが広がっています。
環境問題の深刻化や資源価額の高騰で、高効率の省エネや省資源化などが求められているからです。

環境省は現在、温暖化防止循環型社会構築などを統合した、・・・
「21世紀環境立国戦略」の策定作業を進めています。

その前線となる企業の実態はいかほどに?・・・

■二酸化炭素
「二酸化炭素(CO2)を、さらに削減するために共同で取り組みを」
リコーは、2010年度のCO2排出量を1990年度比で12%削減することを掲げている。

■有害化学物質
トヨタは05年、自動車の生産開始前の企画、設備段階で環境負荷を評価する「Eco-VAS(エコバス)」制度を導入した。
チーフエンジニアが担当車両の環境負荷の提言目標を設定する。
たとえば、発光の為に水銀を使っていたメーターのバックライトを、
LED(発酵ダイオード)に転換した。

■プラスチック
シャープは、5回程度再利用できるプラスチックを開発。
「関西リサイクルシステムズ」と協力し、回収した洗濯機の水槽を破壊して再び水槽などに使っている。
この開発により、リサイクル材使用量は5年間で15倍の629トンに急増した。


大手メーカーが相次いで、環境対策の強化に乗り出した背景には?・・・
各国が化学物質の使用規制などを強化していることがアル。
欧州連合は昨年7月、鉛などの6物質の電子機器への使用を禁止する

有害化学物質規制「POHS(ローズ)指令」を実地した。
中国では今年3月、工場からの汚染を防ぐため、「電子情報製品汚染制御管理弁法」が施行された。
韓国や米国などでも独自の規制がある。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。