環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?


スポンサードリンク

環境問題は、今や地球規模の高まりを見せる中、自動車産業をはじめとして企業を取り巻く石油の現状は厳しさを増すばかり。
そのような中で注目が代替燃料。各国で代替燃料・バイオ燃料の開発がしのぎを削っています。バイオ燃料の現状と燃費向上・省エネグッズの今を・・・・






スポンサードリンク

環境対策、次世代自動車・洞爺湖サミットにエコカーが集結を・・・

環境対策、洞爺湖サミットにエコカーが集結を・・・
>>サミットで各社がエコカーを提供!
↓↓
自動車ケーカー各社は、来月7月開催の主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)に、燃料電池車電気自動車など環境対応者を提供する。
世界の注目が集まる場で最先端技術をアピールする。
↓↓
>>トヨタ自動車は「究極のエコカー」と呼ばれる燃料電池車や、家庭用電源で充電できる「プラグイン・ハイブリッド車」などを市場者に提供。
会場内の移動用として市販のハイブリッド車69台も用意し、各国用心に乗り心地を体感してもらう。
>>ホンダは、近く国内や米国でリース販売を始める新型の燃料電池車「FCXクライリー」を披露。
>>三菱自動車は、来年国内で発売予定の電気自動車「@ MiEV(アイ ミーブ)を提供する。
>>マツダは、独自のロータリーエンジン内で水素を燃やして走る水素自動車を、・・・
>>日産自動車は、新型のディーゼルエンジンを搭載したスポーツタイプ多目的車(SUV)を展示する予定。
↓↓
次世代自動車、エコカーの挑戦が続きます。

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 08:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | サミット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。