環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?


スポンサードリンク

環境問題は、今や地球規模の高まりを見せる中、自動車産業をはじめとして企業を取り巻く石油の現状は厳しさを増すばかり。
そのような中で注目が代替燃料。各国で代替燃料・バイオ燃料の開発がしのぎを削っています。バイオ燃料の現状と燃費向上・省エネグッズの今を・・・・






スポンサードリンク

どうなる次世代車!21世紀の車社会の鍵を握る、環境、エネルギー、電気自動車(EV)について考えよう・・・!?

どうなる次世代車
21世紀の車社会の鍵を握る、環境、エネルギー、電気自動車(EV)について考えよう・・・!?
↓↓
環境(Ecology)、エネルギー(Energy)、そして電気自動車(EV)の頭文字をとってE3.
この3つは21世紀の社会を考える上で欠かすことのできない重要なキーワードである。
↓↓
次世代車・・・!?
1:エンジン車
技術的にはそろそろ頭打ちか?
2:燃料電池車(FCV)
水素の製造と供給が普及の壁?
3:ハイブリッド車(HV)
EV(電気自動車)までの有力な準次世代車?
4:電気自動車(EV)
電池価額次第で一気に普及?

環境(CO2排出)とエネルギー(石油代替)の問題は、車社会はもとより、現代社会生活全体とっての大きな課題である。
そしてEVは、その救世主ではないにしても、課題を乗り越えるための重要な鍵である。
今後EVは、従来の自動車という枠を超えて社会に組み込まれ、エンジン車の延長線上の乗り物ではなくなる可能性が高いのでは・・・!?

どうなる次世代車・・・!?
img049 (2).jpg

↓↓

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代自動車

次世代環境車!東京モーターショーに集結、市販化目指し現実路線も・・・!?

東京モーターショーに次世代の環境車が集結!市販化目指し現実路線も・・・!?
12月3日から東京ビッグサイト(東京都江東区)で一般公開となる東京モーターショーの出展者車が出揃った。
環境意識の高まりを背景に、各社が技術とアイデアを凝らした次世代環境車が集結する。
遠い未来ではなく、市販化をにらんだ、現実的なコンセプトカーが目立つ。
↓↓
日産自動車が出店する電気自動車(EV)のコンセプトモデル「PIVO(ピボ)3」は、これまでのピポシリーズより量産化を意識した技術を採用した。
スズキは「スイフトEVハイブリッド」に、価額を抑え、小型車の環境性能を向上するアイデアを詰め込んだ。重くて高価なリチウムイオン電池は日常で走る30キロ程度の充電容量に抑えた。長い距離は搭載している発電機で電力供給する。
ホンダは小型スポーツEVだ。オープンカーで、走る楽しみと環境性能を両立させたという。

日産自動車が出店する電気自動車(EV)のコンセプトモデル「PIVO(ピボ)3
PN2011111701000877_-_-_CI0002.jpg

↓↓

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?



posted by kankyoichiban at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代自動車

印刷可能な次世代太陽電池で三菱化学が自動車メーカーと開発を・・・!?

東日本大震災が契機で、原発事故に伴う電力不足、省エネ・節電対策、原発に変わる新たな自然エネルギーの開発など・・・
新エネルギー政策がクローズアップされてきた中で、ここ数年前よりテレビでも取り上げられるようになったのが、次世代太陽電池!の開発。
↓↓
印刷可能な次世代太陽電池三菱化学が自動車メーカーと開発を・・・!?
こんな記事が掲載されていましたので紹介します。

印刷可能な太陽電池、三菱化学が車メーカーと開発
閲覧数 1510 推薦数 0 2011.04.03 11:11:10
admin *.107.220.219 http://www.crossconnection.jp/?document_srl=970

三菱化学は2012年夏をめどに印刷できる次世代太陽電池を商品化する。
重さは現在主流の太陽電池の10分の1でシート状にして折り曲げることも可能。
自動車に印刷すれば車体が太陽電池になるほか、発電する屋根や外壁、ロールカーテンなども実現できる。
今後自動車メーカーと共同開発をすすめる。次世代太陽電池は原料にシリコンではなく炭素や窒素を使う。
有機薄膜太陽電池}と呼ばれ、厚さは数百ナノ(ナノは10億分の1)メートル。
インクジェツト方式で曲面にも印刷できる。
東京大学との共同研究で光を電気に変える変換効率が9.2%とこの方式の電池では世界最高水準を達成。
15年には現在主流のシリコン系太陽電池並みの15%まで高める。
自動車では電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の蓄電池を充電する用途を想定している。
車体に印刷すれば晴天時に2時間で10キロ走行できる電力を充電できるという。
三菱化学は国内工場で年3−5メガ(メガは百万)ワット分の生産を始める。
EVに出力500ワットの太陽電池を印刷すると6千ー1万台分にあたる。
2015年には年30メガワット規模の量産を目指す。
同電池は炭素など安価な材料を使うため、
シリコンを原料とする現在の太陽電池と比べ将来の製造コストが10分の1になるとみられる。
三菱化学は15年後に太陽電池関連事業で200億円の売上高を目指す。

(2011年4月3日、日経1面)

>>進化する太陽電池の未来・・・!↓↓

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代自動車

次世代観光用“電気自動車”産・学・官連携で只今開発中!だそうですが・・・!?

2010年も1ヶ月をきりましたが・・・来年の干支は兎年です。
今東京では、墨田区に東武鉄道・東武タワースカイツリーが建築主。施工主:大林組で、話題の「東京スカイツリー」が2011年冬の竣工を目指して建設中です。
開業は2012年春の予定ですが、完成すれば、2011年完成時点では、自立式鉄塔としては、世界第1位に。また、自立式建築物としては、世界第2位に。全高は、634m、棟高は、497mに・・・
↓↓
さて、今朝のテレビ朝日スーパーモーニング!の番組の中で、気になる記事が放送されていました。
次世代観光用“電気自動車”・・・ただいま開発中!のテロップが、

今建設中の東京スカイツリーの見物・話題で、観光客も急増中の東京都墨田区。
「すみだ産学官連携プラザ」では・・・
次世代観光用の電気自動車が試作・実験・検証を試しながら開発中です。

いやテレビの画面で見ていると、LIVEでこの超小型「電気自動車」が試験走行していましたがかわいい。車の名前は「HOKUSAI」(ほくさい)と命名されていましたが・・・、さらに車内では観光案内のナビも搭載を検討中とか・・・!?

CIMG4991.JPG電気自動車・HOKUSAI

↓↓

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代自動車

燃費は25%向上・ホンダが新型「フィット/フィット ハイブリッド」を発売・・・!

ホンダ「フィットハイブリッド」発売、燃費30km/Lで159万円から・・・!?
ホンダが、新型「フィット/フィット ハイブリッド」を発売・・・!
↓↓
ホンダが小型車「フィット」のハイブリッド車(HV)を、国内のHVでは最も安い159万円前後で10月に発売。

 2009年2月に発売したHV「インサイト」と同等の燃費性能を維持した上で、価格は30万円引き下げる。HV市場ではトヨタ自動車の「プリウス」の独り勝ちが続いているが、9月末にエコカー補助金制度が終了した後もエコカー需要をつなぎ留める狙いがある。

 フィットHVは、排気量1300ccのガソリンエンジンとモーターを搭載する。燃費性能はガソリン1リットルあたり30キロ・メートルだ。フィットの現行モデルと比較すると、燃費は25%向上する。

 ホンダは09年2月、プリウスの独壇場が長く続いていたHV市場にインサイトを投入した。価格は189万円と、09年5月に発売を控えていた現行の3代目プリウスの発売予定価格とされていた240万円程度より約50万円安く設定した。

ホンダ「フィット/フィット ハイブリッド」についてはこちらからも・・・!

thumb_450_01_px450.jpg

↓↓
環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代自動車

電気自動車(EV)に今、人気・注目が集まっているがその理由と注意点とは・・・!?

ハイブリッド自動車(HV)」とは一線を敷いて電気自動車に今人気、注目が集まっているが、その理由と注意点とは・・・!?
9月の始めにして、自動車業界も、燃費など省エネ性能に優れた車種の購入を促すエコカー補助金の打ち切りが迫る8日、県内の自動車販売各社も、購入客から問い合わせが相次ぐなど対応に追われたようです。

そんな中で、今注文が殺到している電気自動車(EV)が話題に・・・!?
中でも今、日産の電気自動車(EV)「リーフ」に注文の予約が殺到を・・・
発売は12月だが、日産ディーラーを訪れた際は、キャンセル待ちの申請書を渡されたとも・・・!?。
すでに今年度の販売目標の6000台が予約で埋まっているのだ。
だが、「9月ごろに始まる本契約の段階で購入を見送る人も出てくる」(日産ディーラー担当者)というから、年度内に買えるチャンスは、まだあるはずだ。
↓↓
 一方、4月に個人向けリース販売が始まった、三菱自動車工業の「i-MiEV(アイ・ミーブ)」も好調。
今年度に販売する4000台のうち5割強の注文が集まっており、「今、成約しても納車は10月くらい」(都内の三菱ディーラー担当者)という状態だった。
↓↓
 過去70年代と90年代前半にもEVブームが訪れたが、当時のEVは性能が低く、価格も非常に高かったため、下火となった。
それに対し今回は、「バッテリー性能は飛躍的に上がり、補助金による国の支援もある。この好機は逃さない」(日産)と、メーカーも躍起だ。

さて、2社の自動車の販売価額は以下の通りですが・・・
産自動車の「リーフ」(車両本体価格376万円)と、三菱自動車工業の「i-MiEV」(同398万円)。国の補助金を差し引くと、リーフは299万円(補助金額77万円、予想)、i-MiEVは284万円(同114万円)

thumb_250_01_px250.jpg日産リーフ

thumb_250_02_px250.jpg三菱i-MiEV

果たして今、EVを買ってもいいのか。購入を考える前に、まずは知っておきたい3つのポイントとは・・・!?
*ポイント1「補助金制度」:来年度は補助額が激減?

*ポイント2「充電設備」:家のコンセントは100Vのままでいい?

ポイント3「電気料金」:深夜料金プランは逆効果!?

↓↓
環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代自動車

究極のエコカー、次世代電気自動車、「i-MiEV」を三菱自動車が世界初の量産に・・・!?

三菱自動車、電気自動車「i-MiEV」の市場投入 - 個人向けは2010年4月から。
↓↓
究極のエコカー、次世代電気自動車、「i-MiEV」を三菱自動車が世界初の量産に・・・!?
↓↓
「i-MiEV(アイ・ミーブ)」は、軽自動車「i」をベースにリチウムイオン電池を搭載した電気自動車
家庭用AC200V/AC100V電源から充電でき、標準装備の充電ケーブルを使用した普通充電と、今後設置が進む急速充電器での急速充電に対応している。

2009年6月5日 ... 三菱自動車(7211)は、電気自動車「i−MiEV(アイミーブ)」を7月下旬から発売すると発表した。
税込みの車両価格は459万9000円で、政府の電気自動車に対する購入補助金(139万円)を考慮すると実質320万円となる。

↓↓
環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | 次世代自動車

次世代自動車、電気自動車やハイブリッド車へ政府は買い替え促進を・・・!?

政府は3月30日、電気自動車ハイブリッド車など次世代自動車への買い替え促進策として、・・・
1台あたり30万〜10万円の補助金を2009年度にも創設する方向で検討に入ったとのことです。
↓↓
次世代自動車、電気自動車やハイブリッド車へ政府は買い替え促進を・・・!?
↓↓
一定の燃費基準を満たした環境性能が高い次世代車100万台程度を当面は補助対象にする方針。
発売から10年を以上経過した中古車からの買い替えを促し、環境対策を薦めると共に、新車販売の不振で業績が悪化している自動車産業の活性化を図る狙いだ。

政府は09年度税制改正で、ハイブリッド車などの自動車取得税や重量税の減免を次元的に実地する。
日本メーカーが競争力を持つ次世代自動車の普及に向けて、自動車業界などは需要創出の呼び水となるいっそうの政策支援を要望していた。


環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代自動車
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。