環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?


スポンサードリンク

環境問題は、今や地球規模の高まりを見せる中、自動車産業をはじめとして企業を取り巻く石油の現状は厳しさを増すばかり。
そのような中で注目が代替燃料。各国で代替燃料・バイオ燃料の開発がしのぎを削っています。バイオ燃料の現状と燃費向上・省エネグッズの今を・・・・






スポンサードリンク

究極のエコカーの代表、電気自動車・ハイブリッド車の未来は・・・!?

エコカーとは、「エコロジーカー」の略です。

エコカーとは環境への影響が少ない自動車になります。
二酸化炭素などの大気汚染物質の排出が少ないので環境に負担がかかりにくくなっています。
エコカーと認められている自動車は税金などで優遇されています。
世界各国で設けられている環境対策の部分で自動車による環境汚染が注目されています。
最近の自動車は環境対策されているといっても、やはり二酸化炭素を排出してしまうので問題視されていました。

しかし、エコカーだと環境への影響が少なく、今後の課題の環境汚染の部分でも有効視されています。
↓↓
外国では燃料をアルコール系や電気、天然ガスや水素などを使用しているものがエコカーとされています。
日本はエコカーの概念が整理されていません。
↓↓
現在日本で究極のエコカーの代表としては・・・!?

☆電気自動車
電気自動車とは電気をエネルギーとしている自動車になります。
技術開発がかなり進んでいてかなり期待されていて、将来的には今の燃料を置きかえる本命とされています。
電気自動車は構造が比較的単純で遊園地の遊具などに使われています。
また騒音が少なく、排気も気にならない点からゴルフカートにも使われています。
バッテリーはの面は重量が大きく、寿命も短いです。充電にも時間がかかってしまうため、交通機関の自動車にはあまり使われていません。
最近では家庭のコンセントで充電できる自動車も開発されました。
今も実用化に向けて開発されています。今後注目していくエコカーといえるでしょう。

☆ハイブリッドカー
ハイブリッドカーとは2つ以上の違いエネルギー・動力源を持っている自動車になります。
ハイブリッドカーは2つ以上の動力源があり、状況にわけてどちらかのエネルギーと使ったり、2つ以上のエネルギーを使ったりしています。なのでハイブリットカーは効率よく自動車を動かしています。
また効率が電気自動車と同じぐらいといわれているので、環境への負担が少ない自動車として言われています。
日本ではトヨタが一般発売をしたのをきっかけに普及が始まりました。今現在はガソリンなどの化石燃料と電気タイプのハイブリッドが多くなっています。
他の組み合わせも開発しているので、これからもっとエコカーとなって発売されるかもしれません。

↓↓
環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 15:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 究極のエコカーとは!?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。