環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?


スポンサードリンク

環境問題は、今や地球規模の高まりを見せる中、自動車産業をはじめとして企業を取り巻く石油の現状は厳しさを増すばかり。
そのような中で注目が代替燃料。各国で代替燃料・バイオ燃料の開発がしのぎを削っています。バイオ燃料の現状と燃費向上・省エネグッズの今を・・・・






スポンサードリンク

日産自動車は、電気自動車(EV)「リーフ」から家庭に電力を供給するシステムを公開したが・・・!?

日産自動車は、電気自動車(EV)「リーフ」から家庭に電力を供給するシステムを公開した。
東日本大震災意向、EVを停電時などの非常用電源に使いたいとの要望が高まっており、2011年度内の販売開始を目指す。
家庭の駐車場に設置した制御装置とリーフをケーブルで接続。エアコンや炊飯器、電子レンジなどの家電製品を同時に動かすだけの電力を遅れるという。
リーフの蓄電池には、一般家庭の約2日分の使用量に相当する24キロワット時の電力をためることができる。
昼間に太陽光パネルで発電した電力をリーフに蓄え、夜間に家庭で使うことも可能になる。

↓↓

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気自動車(EV)

次世代自動車・走りながらEV充電!特許取得の記事が・・・!?

次世代カーとして開発競争が続く電気自動車(EV)の充電分野で、路上の電力供給プレート上を車両が時速20キロ程度で通過しながら充電できる新技術を、福岡県苅田町の中小企業が開発し、特許を取得した。EVの充電はケーブルを車体に接続する方式が主流だが、場所の確保などが課題。
走行中に充電できる新技術は手間がかからない充電装置の実用化につながりそうだ。・・・との記事が出ていました。
↓↓
新技術は電力制御装置製造の「ヘッズ」(本田啓一社長、従業員30人が開発した「非接触電力供給装置」。路上に設置した電力供給プレート(縦2m、横18p、厚さ2.5cm)内の給電コイルに電流を流して磁界を作り出し、プレート上を通過する車に搭載した充電コイルを共振させることで、充電コイルに電流が発生。バッテリーに逐電する仕組みだ。人体への影響はないとされる。

img013.jpg非接触電力供給装置のイメージ!

↓↓
環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気自動車(EV)

EV(電気自動車)開発続々!次世代車の本命なるか・・・!?

日本の自動車業界が電気自動車(EV)ブームに沸いている。
昨年の三菱自動車、富士重工業に続き、日産自動車がEVを12月20日に発売する。
ハイブリッド車(HV)に力を入れるトヨタ自動車やホンダのほか、ベンチャー企業や海外勢も続々とEV算入を表明した。
↓↓
これから普及が加速しEV時代が到来するのか・・・!?
走行距離がネックとなり都心部など近距離移動用に需要が限られるのか・・・!? 
メーカーの見方も分かれている。
↓↓
>>EV開発続々参入を・・・!?
国内のEVブームは石油危機後の1970年代、環境意識が高まった1990年代に続き3回目。
過去にもEVが売り出されたことがあるが、価額の高さなどで、普及に至らないまま、ブームは去った。果たして今回はどうか・・・!?
今月20日発売の日産自動車のEV車「リーフ」、実質価額は299万円、売れ行きは順調だ!・・・と。
4月の予約開始から2ヶ月で2010年度の国内販売の6千台は“完売”。キャンセル待ちが出る事態に、普及への手ごたえを感じていると。

view0191366.jpg日産リーフ

↓↓

環境問題とバイオ燃料への取り組み方!自動車・燃費向上の現状と未来?
posted by kankyoichiban at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気自動車(EV)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。